債務整理
借金問題を解決して、人生を進めたい
払い過ぎた金利分を取り戻したい
破産・再生・住宅ローンの相談をしたい

HOME > 過払い請求とは

kabarai0420.PNG

過払い金とは   過払い金の仕組み   過払い請求の流れ   よくあるご質問
過払金返還請求関連の主要な最高裁判例
 その他の債務整理 方法: 任意整理  自己破産  個人再生

 

過払い金とは?

過払い金返還請求手続とは

過払い請求について

業者からの請求どおりに違法な利息の支払いを長時間続けてきた方が、
利息制限法に基づいて引きなおし計算を行うと、元本及びこれに対する
法定利率の範囲内の利息は、既に完済していることがあります

それにも関わらず、違法な金利を前提とした支払いを続けた場合、
その超過返済分は業者から取り戻すことができます。

この超過分の返済金を「過払い金」といい、過払い金を業者から取り戻す
手続きを「過払い金返還請求」といいます。

 

過払い金の仕組み

 なぜ、過払い金が発生するのかというと、消費者金融などの貸金業者が契約上定めて
 いた利率と、利息制限法所定の利率に大きな開きがあったからなのです。

 消費者金融、審判会社等貸金業者の大半は、出資法の上限利率だった29.2%ぎりぎりの
 利率で貸付を行っていましたが、利息制限法では上限利率は以下の通りになります。

金 額 利 率
元本額10万円未満 年20%
元本額10万円以上100万円未満 年18%
元本額100万円以上 年15%
 法律上、上記の割合以上の利息を支払う契約をしても、無効となります。
 つまり、これ以上の金利は支払う必要はないということです


 それにも関わらず貸金業者が利息制限法の上限利率を守らず、それ以上の利率による
 利息を付加していたのはなぜでしょうか?

 それは出資法を超えた利率で貸付を行うと刑事罰の対象になるのに対して、利息制限法を
 超えた利率で貸付を行っても罰せられることがなかったからという理由からです。

 とはいえ、刑事罰が科せられないといっても、
 利息制限法を越える利率を定めた契約はあくまでも違法・無効です。

 この結果、出資法の制限すれすれの利率で貸付が行われ、それが長時間に
 及んでいた場合、利息制限法に基づいて引きなおし計算をすると、
 ”違法な契約に基づき支払った金額”と、”法律上支払うべき金額”との
 差額=過払い金 が発生することがあるのです。

 現在は出資法が改定され、利息制限法の最上限利率と同じ20%が出資法の
 上限利率になりました。

 

過払い請求の流れ

 過払い請求は、下記のような流れで手続きが進められます。

1.取引履歴請求

司法書士が今までの取引経過を取り寄せ、
調査した後に債権者に受任通知書を発送し、
届けば借金請求が止まります。

2.引きなおし計算 利息制限法に基づき、正しい借金額を計算し直します。
3.過払い金額確定 引きなおし計算により過払い金がいくらになるのかを
確定します。
4.貸金業者に返還請求 過払い金発生時に、司法書士が債権者と交渉します。
5.和解 もしくは 裁判 交渉し、和解もしくは裁判をして過払い金請求問題を
解決します。
6.請求過払金が債務者へ返還 支払い交渉がまとまれば、期日を定め過払い金返還を
受けます。

 過払い金が発生するかどうかは、ケースごとに様々で、一概に”何年以上の取引が
 あれば、必ず過払い金が発生する
”とはいえません。
 
 しかし、違法な金利を前提に取引を行っている業者に対し、既に完済みの場合は
 かなりの確率で過払い金が発生します。
 消費者金融・大手信販会社などを相手に既に完済している取引がある場合は、
 お一人で悩まずお気軽に当事務所にご相談ください。


過払い金返還請求報酬

 基本報酬: 1社あたり 31,500円(税込)

 成功報酬: 借金減額の10%、過払い金回収額の20%
 実費: 業務において発生する郵送費・印紙代などの実費をご負担いただきます。
 完済後の過払い請求については、お客様の足が出ないように対応いたします。

 

 まずは、お気軽にお問合せください。問題解決に向けて丁寧にサポートさせていただきます。

フリーダイヤル 0120-596-742
お問合せから無料相談の流れお気に入りサイトに追加する
メールでのお問合せ  ●事務所案内  ●事務所へのアクセス  ●トップへ戻る 



わかくさ司法書士事務所