HOME > 契約書の作成

契約書作成の必要性

我が国においても、ネット環境の普及・ビジネス構造の変化により、
欧米並みに「契約が身近で大切なもの」になってきました。

ただやはり日本人気質はそのまま残っている部分もあり、
「わざわざ形式的にしなくても」
「契約書にまですると疑っているようで。。」
という風土も残っています。


特に個人間のお金の貸し借りなどはその傾向が顕著です。

悪意はなくとも契約通りに実行(返済)できないケースはたくさんあります。
契約は口頭の約束でも成立しているのですが、切羽詰まっている借り手
あるいは悪意ある借り主は、時に契約を無視するようなことも考えられます。


「言った」「言わない」の不毛な水掛け論を繰り返しても埒もなく、
仮に裁判に訴え出ても証拠が全くない以上、否定されてしまえばそれで終わりです。

そのような意味では、何の証拠も持たない貸し主の方が立場的に圧倒的に不利な状になってしまっています。
こうなるとどうしようもありません。


そのような事態を回避するために有効なのが契約書の作成です。
契約書は事実関係の最終的な決着の場である裁判においても、
書証(文書による証拠)としても事実認定においてとても有力なものと判断されます。

 
「公正証書」とまではいかないにしても、
少なくとも法的に問題のない、しっかりとした契約書を準備しておきたいものです。


また、副次的効果として、
貸し主がそこまでの準備をしておくことが借り手への抑止力にもなりますので、
そのような意味でもいざという時の効果を考えるだけでなく、
契約書は必ず作成しておく必要があります。


お互いが納得することで、大切な友人等と決定的なトラブルになることを回避し、
周りの人を巻き込んだ関係崩壊のリスクを防ぐことができます。