wakakusa2.jpg

 

事務所案内写真4.PNG 名古屋駅前・JR岡崎駅前の2拠点に事務所を構え、債権者様の債権回収業務
無料相談から親身にお手伝い致します。
名古屋・岡崎を中心に愛知県内の全域からご相談をお受けしております。
まずは、お気軽にお問合せください。 
代表  司法書士  田中 健一

債権回収業務

債権回収といえば、いろいろな場面が想定されますが、具体的には下記のようなものとなります。

  • 工事の発注元が、工事代金を支払ってくれない。。
  • 患者さんがいつになっても医療費を支払ってくれない。。
  • 残業代がまともに支払われない。
  • 友人に貸したお金が全く返ってこない。
  • 賃借人が家賃を滞納して困っている。。
     

債権回収の相談先・依頼先

上記のような債権回収を考えた時、真っ先に浮かぶ依頼先はやはり弁護士さんであると思います。
しかし、どの金額の回収業務であっても、かかる手間はほとんど一緒のため、実入りが少なくなってしまう小さな債権額のものは、どうしても弁護士さんも消極的であり、依頼をなかなか受けてもらえません。

結局は泣き寝入りという形になってしまうのがほとんどであると思われます。

ただ、債権回収業務を扱うことが出来るのは弁護士さんだけではありません。
まず相談先として、司法書士・行政書士も債権回収のお手伝いをすることが可能ですし、
仮にその請求額が140万円以下である場合なら、
認定司法書士も弁護士さんとほぼ同等のお手伝いが可能です。

また、弁護士さんよりもリーズナブルな料金である場合が多いことも事実です。

 

司法書士の債権回収

請求額140万円以内の簡易裁判所管轄のものであれば、
司法書士も弁護士さんと同じように訴訟代理人として法廷に立って弁論することが出来ます。

また、請求額140万円以上の地方裁判所管轄の場合であっても、
訴状・準備書面など裁判所提出書類の作成によってバックアップすることも可能です。

また、もともとの債権の保全のために抵当権設定登記を入れておくことも可能ですし、
判決を取得した後の強制執行(差押えなど)の書類作成や債権保全のための民事保全手続き(仮差押え)に関する書類も作成することができます。
 

行政書士の債権回収

債権回収においては、裁判所を利用することが必ずしもベストであるというわけではありません。
より安価に・より確実に・より迅速に、ということを考えると、別の選択肢がベストであることも考えられます。
行政書士としては、支払いを促す内容証明郵便の作成・話がまとまった後の和解書・契約書・合意書の作成、よりまとまった内容を強固にしておくために公正証書の作成などを扱うことが可能です。

 

当事務所の債権回収

当事務所においては、行政書士・認定司法書士のどちらも所属しておりますので、
債権回収については、裁判上・裁判外のどちらの手続きのお手伝いも可能です。

上記に記載したような場面での債権回収にお困りの方はお気軽にご相談下さい。

 

新着情報一覧RSS