会社設立
株式会社・合同会社を設立したい
定款作成の相談をしたい
資本金・事業目的など相談したい

HOME > 電子定款認証

電子定款認証とは

定款はこれまで、書面で作成し、公証人役場で認証してもらうという方法でした。

 

しかし平成19年4月1日から、定款をPDF化し、
作成者がJCSIの電子証明書で電子署名をし、
法務省
オンライン申請システムを通じて送信することにより
電子媒体での認証も受けられるようになりました。

このことを「電子定款」と言います。

  

認証を受ける媒体が紙媒体だけではなく、電子文書が使えるようになったということです。

 
電子定款認証にかかる費用

電子定款を利用すると、定款認証印紙代4万円が不要となり、
会社設立時にかかる費用を節約することができます。

 

印紙税というのは、財産上の権利を承認する文書を対象として課税される税金です。

これに対して電子定款というのは、電子媒体を活用して認証をうけた定款なので、
文書の扱いではなくなる(紙ではない)ため、印紙税法で非課税となり、
印紙代の4万円が不要になるということになります。

 

「電子定款」を作成する場合、電子証明書の発行や、特別なソフトの購入などで約4万円強の費用がかかります。
これらのソフトを会社設立後も繰り返し使用するのであればいいのですが、
そうでないなら、
出費が無駄になってしまいます。

 

しかし、この作業を電子定款作成の環境を整えた司法書士に依頼することで、
ソフトの購入費も
かからず印紙代4万円もバッチリ節約できます。