会社設立
株式会社・合同会社を設立したい
定款作成の相談をしたい
資本金・事業目的など相談したい

HOME > 会社設立の基本事項 > 発起人について

 ここでは発起人についてご説明させていただきます。

株式会社の発起人について

 会社を設立するには設立手続を行う人が必要になります。
 その企画から事務手続きまでを担うのが発起人です。
 定款に「発起人」として署名をした人が発起人となります。
 定款に署名して発起人となった人は、必ず1株以上の株式を引き受ける必要があります。

 
 具体的な仕事内容は

  ・定款の作成
  ・株主の募集と株式の割当
  ・株式の払い込み
  ・創立総会の招集から終了までの議事進行(募集設立のとき)
 
 などがありあます。 


 発起人の資格

 発起人には資格制限もなく、行為能力のない人や未成年者、法人でも発起人になれます。
 (ただし、未成年者が発起人になる場合は保護者の同意が必要です)
 大抵の場合、中小株式会社では、社長や設立時の役員が資本金を出資することが多く、
 設立時の役員が発起人も兼ねることが多いようです。


 発起人と株式

 発起人は必ず1株以上を引き受けるので株主となります。
 株主となるということは会社の経営に参加する(株主総会で議決権を持つ)ことになります。
 
 発起人が複数おり、自分が経営権を取りたい場合、
 株式の50%以上を自分自身で引き受けるようにしましょう
 (つまり、資本金の半数以上を出資するということです)。
 できれば資本金の3分の2以上を出資しておきましょう。

 株主の会社に対する発言権は資本金の出資比率に応じますので、仮に自分が筆頭株主であっても、
 残りの株主の持分が過半数を超えており、彼らが結託すると経営権を損なうおそれがあります。

 そういった事態を避ける為にも、自分が株式の過半数を所有できるようにしましょう。