遺産相続
財産の名義変更をしたい
複雑な手続きを相談したい
遺産分割協議書をまとめたい

HOME > 遺言書の作成

遺言書について

ここでは、遺言書について、その種類書き方メリット等を下記にまとめました。

最近では、公正証書遺言の作成件数が毎年のように増加傾向にあります。
これは、昨今の相続に関するトラブルの多さから、自分自身もしっかりと対応しなくてはいけないと考える方が増えている世相をそのまま反映しているように思います。
遺言書についての重要性をしっかりと確認していきましょう。


遺言は文字で残すのが原則で、後日の改変が可能なビデオテープや録音テープなどを用いる事は、認められていません。
また、遺言書は共同作成はできません。
必ず個人単位で作成します。

※法的な効力を発揮しませんので、いわゆる遺言としての効果はありません。

本人の意思を伝える法的な手段として遺言書はありますので、
財産を誰かに託したい!
相続の分割方法を自分の子たちで争いにならないように決めておきたい!
といった考えがある場合にお使いいただくのが良いと思います。

 

 

自筆証書遺言

本人が、本文の全文・日付・氏名を自筆で書いた書面に捺印したもので、
必ず自分で書くことが、遺言としての条件になります。
用紙については、何でも構いませんが、ワープロ文字や代筆は認められません。

以下に、自筆証書遺言のメリット・デメリットについてまとめました。

 
<自筆証書遺言のメリット>
 ・費用が掛からない
 ・遺言内容の秘密が確保できる
 ・遺言したこと自体を秘密にできる

 
<自筆証書遺言のデメリット>
 ・遺言者にとっては遺言内容の実現が不確実
 (見つけられなかったり、破棄されたるおそれがある)
 ・開封時、遺族は家庭裁判所の検認が必要
 ・検認を経ないで遺言を執行すると、5万円以下の過料に処せられる

 

公正証書遺言

公正証書遺言は、本人が公証人役場に出向き、証人2人以上の立会いのもとで遺言の内容を話し、公証人が筆記します。

そして公証人は、記録した文章を本人と証人に読み聞かせたり、閲覧させたりして筆記の正確さを確認し、それぞれの署名・捺印を求めます。
これに、公正証書遺言の形式に従って作成した旨を公証人が記載し、
最後に公証人が封紙に日付と共に記録し、本人と証人と共に署名捺印して作成します。


 

なお、言葉の不自由な人や耳の不自由な人の場合は、
本人の意思を伝えることのできる通訳を介して遺言を作成することができます。


このほか、相続人になる可能性のある人(推定相続人)、直系血族、未成年者、受遺者などは、公証人役場での証人になることはできません。
以下に、公正証書遺言のメリット・デメリットについてまとめました。


<公正証書遺言のメリット>
 ・あらかじめ公証人により違法や無効がないことがチェックされているため、
 最も確実に遺言を残すことが出来る
 ・開封時の家庭裁判所の検認が不要(手続きや費用が浮く)
 ・遺産分割協議が不要
 ・公証人役場に原本が保管されているので、正本、謄本を紛失しても、再発行請求ができる

 

<公正証書遺言のデメリット>
 ・費用が掛かる(公証人手数料)
 ・内容を公証人と2人の証人(計3人の他人)にも一時的に公開される
 ※もちろん、証人にも守秘義務が求められます。

 

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、公正証書遺言と同じように公証役場で作成するのですが、
遺言書の内容を密封して、証人も内容を確認できないところが、その相違点です。

自筆証書遺言と秘密証書遺言は、作成時点でその内容を本人以外に知られることがなく、プライバシーを守ることができますが、本人の死後に家庭裁判所で検認の手続きが必要となります。

検認の必要がないのは、公正証書遺言の場合だけです。

以下に、秘密証書遺言のメリット・デメリットについてまとめました。

 

<秘密証書遺言のメリット>
 ・遺言内容の秘密を確保できる

 
<秘密証書遺言のデメリット>
 ・費用が掛かる
 ・開封時、遺族は家庭裁判所の検認が必要
 ・検認を経ないで遺言を執行すると5万円以下の過料に処せられる
 ・遺言を遺したこと自体は、公証人と2人の証人(計3人の他人)に知られる
 ・遺言の内容によっては、専門家のチェックを経ていないので相続人間での紛争を引き起こしてしまう可能性もある

 


 以上が、主な遺言の概要となります。

 

遺言を遺しておくべき方

専門家の立場から、特に遺言を遺しておいた方が望ましいと思われる方は、下記のような方です。

現在、何かしらの事業を運営されている方
→相続による遺産分割が相続人間でうまくいかず、会社の財産がバラバラになり、
会社が継続出来なくなってしまい、従業員の方に迷惑を掛ける事もあります。

特定の相続人にのみ財産を相続させたい方
→以前に生前贈与を活用した方が良いのか、含めて検討が必要です。
また単に特定の相続人にのみ相続させるとしても、遺産相続の紛争が起こってしまっては遺言も効力を発揮しません。
この点においては、事前に相続人や相続財産、遺留分などについて確認しておく必要があります。

 


残念ながら、昨今多くなっている相続の揉め事とは、遺言が無かった為に、生じているものが多々見られます。
一定の財産を持ちながら、「うちの場合は関係ない」と思われている方の場合が、特にもめてしまう場合が多いように思います。
将来についての責任ある行動を、遺言書の作成を通じて考えてみるのも良いと思います。

 

フリーダイヤル 0120-596-742
メールでのお問合せ 事務所案内  ●事務所へのアクセス  ●トップへ戻る 

 

司法書士法人わかくさ総合事務所