HOME > 登記名義人表示変更登記

登記名義人表示変更(更正)登記とは

登記されている権利についての現在の登記名義人について、
その住所・氏名(法人であれば、本店・商号)などの表示が登記記録上と一致しない場合に、
一致させる登記です。
この登記を「名変登記」と呼ぶこともしばしばあります。


名変登記の必要性

「度々住所を移転したらその都度やらなきゃいけないの?」
「毎度毎度依頼をしたらお金もかかるんでしょ?」
なんて思われるかもしれませんが、
この名変登記は、次の登記においては非常に重要な登記であるといえます。

不動産の登記名義人の住所・氏名が現状と一致していない場合は、
売買、贈与、財産分与による所有権移転登記
抵当権、根抵当権の設定登記
抵当権の抹消登記
などの登記がそのままではできず
前提となる登記名義人表示変更登記(名変登記)が必要になってしまうのです。

そのため、名変登記は、次なる登記手続の前提の登記として、
非常に重要な登記となります。


町名や地番が変更したら

「区画整理」や「住居表示の実施」などで、
今お住まいの住所が変わったという方もいらっしゃると思います。
お引越をされたわけではないけれど、実はそんな方も、
名変登記が必要なのです。

ただし、これに該当する方は名変登記にかかる税金(登録免許税)が
ケースによっては非課税となるケースもあります。


自分は名変登記の必要があるの?

もし、ご自分の登記に関して「名変登記」が必要かもしれない。
と思われた場合はお気軽にご相談ください。
必要書類の取得まで、ご依頼いただければ承ります。
また、費用につきましても、きっちりご説明させていただいて
手続を進めさせていただきます。