HOME > 抵当権抹消登記

抵当権抹消登記・根抵当権抹消登記

 

抵当権抹消登記、岡崎市



住宅ローンを完済した場合は、設定されていた抵当権を抹消する登記が必要になります。
もちろん完済されているわけですから、借入していたローンは既になくなっていますが、
抹消登記をしない限り、登記簿には抵当権の登記が残ったままです。

つまり、登記簿上は、いまだご自宅が担保に取られたままの状態になっています。
ご自身の不動産であるにもかかわらず抵当権がついたままの状態では、売却することもできません。
早めに抵当権抹消登記手続きをとっておく必要があります。


単純な抵当権抹消登記の手続きは頑張ればご自身でやることも可能です。
しかし、抵当権を設定してから完済されるまでに住所や氏名に変更があったり、
旧住宅金融公庫からの借入れがあったり、借入先の金融機関が合併している場合など、
抵当権抹消登記を入れる前の前提登記が組み合わさるとよくわからなくなってしまいます。
そして、そのように前提の登記が必要な方はたくさんおられます。

「途中までなんとか自分でやろうと思ってたけど、もう無理。。」
「こんなことなら最初から司法書士に依頼しておけばよかった。」
「手数料(報酬)自体がもっと高いと思ってた。」
このような声もよくお聞きします。


登記の費用については全般的に、司法書士事務所においては、
ご自身でされても必ずかかる税金等の実費を含めて登記費用をお伝えしています。
そのため、必要以上に高く感じてしまうかもしれませんが、
報酬だけを考えれば、思ったほど高くはないと感じていただけるはずです。



当事務所では抵当権抹消登記につき、専門サイトを準備しておりますので、
ご参考ください。

→ 抵当権抹消登記専門サイト