休みの過ごし方

2016年4月14日

入園、入学、入社 と沢山の方が新しい環境で勤しんでいることと思います。

相も変わらず、仕事三昧な日々を送ってるこのごろですが

あと少しで、この忙しさから解放される時期が・・・!!

 

そうなると、休みの日をどう過ごそうかと楽しみです♪

 

一人旅なんていうのもしてみたいなぁとしみじみ

ゆったりのんびりと電車に揺られながら、気持ちリフレッシュ!

カメラを片手に綺麗な景色を撮影していきたいです。

 

以前は休みがあれば、近くの公園や自然の中へ行って撮影をしていたのですが

ここのところゆとりが無く、出かけることも少なくなっていました。

気持ちのゆとりがなくなれば部屋も片付かない・・・は私の傾向ですが。笑

目の前のことに精一杯になりすぎて、周りに目を向ける余裕が無くなっているように感じます。

 

あと最近行けてないのが名古屋市科学館!

特にプラネタリウムが大好きなんです。

あのリクライニングチェアに座って星を眺めているのは、心落ち着きます

橋本

映像もとても美しいですしね!

それ以外の常設展示も見ていて楽しいですし時間を忘れて過ごすことができます。

極寒ラボもおすすめです。本当に寒い。笑

 

休みの日をどう過ごそうか考えただけでも、楽しみになってきました。

もりもりと仕事を頑張って、休みを全力で満喫してきます!

岡目八目

2016年4月12日

先日からYoutubeで吹奏楽関連の動画を見てしまう毎日です。

 

見る動画のほとんどが、日本テレビ系列で放送されていた「吹奏楽の旅」というコーナーです。

皆様、ご存じでしょうか?

 

主に高校の吹奏楽部に視点を当てたコーナーで、見ていると当時の熱い想いが蘇ります。

 

特に、このコーナーの中のマーチングの動画をよく見ています。

私自身、高校の部活では座奏のみであったのでマーチングに過剰な興味があります。

どうやって、全体演奏までもっていくのか、どのような練習を行っているのか、全く未知の世界です。

 

番組では1年がかりである高校の全国大会への道のりを追いかけています。

その高校は1年生もコンクールメンバーで総勢70人前後。

コアな方はご存じかもしれませんが、「○○○○の悪魔」と呼ばれる高校です。

 

普段はドラムメジャーと呼ばれる三年生が下級生を指導しているようで、ドラムメジャーは部員に激しくゲキを飛ばします。

 

「本番は一回しかないねんから、一回一回集中してやらなあかんねん。」

「ほんまにわかってる?」

「なに泣いてんねん」

「なんでできへんねん!」

ものすごい形相です。

 

熱い!熱すぎる!

私にも似たようなことがあったのだ。

あの時の私はどこへ行ったのだ!

何故、今こんなになってしまったのか!

おお!時の経つのは何とはやいのか。

 

動画を涙をぐっと堪えて見入っていると、後ろから主人が冷静に言いました。

「この子は怒って叫んでいるだけで具体的な指示がないよね。」

 

確かにそうだ。

何がどうなって出来ないのか説明した方が良いのではないか。

もしかしたら、このドラムメジャーもどうやったら出来るか分かっていないからゲキを飛ばすだけになっているのではないか。

 

また、ドラムメジャーが後輩たちと楽器を吹いているシーンになると再度冷静に言いました。

「この部分は音楽になっていないよね。」

確かにそうだ。

楽器が温まっていない状態でドラムメジャーが参加しているものだから、完全に音がうねってしまっている。

 

 

主人に冷静に言われてみて改めて気づきました。

この学校はマーチングの奇抜な動きばかりを行い、楽器の演奏という部分がおろそかになっているのかもしれません。(とは言っても、その辺の学校よりも数段上であることには変わりありません。)

 

ちょっと意味は違うかもしれませんが、「岡目八目」ということわざを思い出しました。

ちなみに、岡目八目とは、当事者よりも第三者のほうが冷静で客観的に物事を見れるということ木村です。

 

これから、何かランニングやフルートの演奏等で客観的に見てほしいと思うことがあれば、主人にすかさず聞こうと思いました。

 

 

 

 

 

 

将棋⑨「叡王戦」

2016年4月11日

朽木昨日、将棋叡王戦第1局が行われ、私はまた将棋に魅了されました。
「叡王戦」というのは人気将棋企画団体戦電王戦の後継で、今年から新たにタイトル戦(ドワンゴ主催)として誕生しました。
人間対CPUというのは変わりませんが、あらゆる点で去年までの電王戦と異なります。
◆団体戦ではなくなったこと
タイトル戦になったため、団体戦ではなくなりました。
トーナメント優勝者のプロ棋士とCPUが闘います。
グループ予選は段位別に行い、グループ優勝者(四段~九段)が更にトーナメント制で優勝者を決めます。
優勝したプロ棋士は叡王の称号を与えられます。
将棋ソフトも各ソフトのトーナメントで優勝者を決め、優勝したプロ棋士とソフトが戦います。
◆二日制となったこと(持ち時間各8時間)
去年までの電王戦では一日制でしたが、名人戦・竜王戦・王位戦・王将戦に続いて封じ手ありの二日制となりました。
封じ手は他のタイトルと違い、人間側がすることになっています。
◆二番勝負となったこと
タイトル戦らしく、複数番勝負となりました。
しかし、偶数での番勝負は初めてで、引き分けもあるということになります。
このように生まれ変わった電王戦ですが、
4月9日・10日岩手県平泉町の中尊寺で指され、
プロ棋士は山崎叡王[後手]VS将棋ソフトはPONANZA(ポナンザ)[先手]
山崎隆之叡王は若手期待の星で有名な森信雄門下のお弟子さんです。
対するPONANZAは電王戦でも毎回登場していた強ソフト。
私はまたしても将棋に魅了されました。
山崎叡王は横歩取りを狙った手順で、そのまま横歩取りになるかと思わせつつ、5八玉。
横歩は取らず、相掛かりでした。
山崎叡王は粘ったものの結果はソフトの完勝でした。
特に8二歩成り捨てからの6五桂は妙手で、気付きにくい手順でした。
私には一生気付かない手でしょう。
次回は第2局は先手番と後手番を入れ替え昨日、将棋叡王戦第1局が行われ、私はまた将棋に魅了されました。

昨日、将棋叡王戦第1局が行われ、私はまた将棋に魅了されました。

 

 

「叡王戦」というのは人気将棋企画団体戦電王戦の後継で、今年から新たにタイトル戦として誕生しました。

 

 

人間対CPUというのは変わりませんが、あらゆる点で去年までの電王戦と異なります。

 

 

◆団体戦ではなくなったこと

 

タイトル戦になったため、団体戦ではなくなりました。

トーナメント優勝者のプロ棋士とCPUが闘います。

グループ予選は段位別に行い、グループ優勝者(四段~九段)が更にトーナメント制で優勝者を決めます。

優勝したプロ棋士は叡王の称号を与えられます。

将棋ソフトも各ソフトのトーナメントで優勝者を決め、優勝したプロ棋士とソフトが戦います。

 

 

◆二日制となったこと(持ち時間各8時間)

 

去年までの電王戦では一日制でしたが、名人戦・竜王戦・王位戦・王将戦に続いて二日制となりました。

封じ手は他のタイトルと違い、人間側がすることになっています。

 

 

◆二番勝負となったこと

 

タイトル戦らしく、複数番勝負となりました。

しかし、偶数での番勝負は初めてで、引き分けもあるということになります。

 

 

このように生まれ変わった電王戦ですが、

 

 

4月9日・10日岩手県平泉町の中尊寺で指され、

 

 

プロ棋士は山崎叡王[後手]VS将棋ソフトはPONANZA(ポナンザ)[先手]

 

 

山崎隆之叡王は若手期待の星で有名な森信雄門下のお弟子さんです。

 

 

対するPONANZAは電王戦でも毎回登場していた強ソフト。

 

 

私はまたしても将棋に魅了されました。

 

 

山崎叡王は横歩取りを狙った手順で、そのまま横歩取りになるかと思わせつつ、5八玉。

 

 

横歩は取らず、相掛かりでした。

 

 

山崎叡王は粘ったものの結果はソフトの完勝でした。

 

 

特に8二歩成り捨てからの6五桂は妙手で、気付きにくい手順でした。

朽木

 

 

私には一生気付かない手でしょう。

 

 

次回は第2局は先手番と後手番を入れ替え、5月21、22日に行われます。

 

 

今から楽しみでなりません。

 

祝い事

2016年4月 6日

春ですね、我が家でも新しい一年が始まりました。

4月に入り、娘の保育園の進級式に出席しました。

一歳児クラスは生まれた月によって1クラスを2チームに分かれて生活をします。

うちの子は早生まれなので、本格的にトイレトレーニングも始まるみたいです。

新しいお友達も増え、今年度ものびのびと楽しく保育園生活を送って欲しいものです。

 

先日、父の誕生日にお祝いをしました。

早いものでいつの間にか父も、もう還暦!

家族で食事をし、子供達からのプレゼントを渡し、その後にフォトスタジオへ写真を撮りにいきました。

 

60歳の還暦の赤いちゃんちゃんこは皆さんご存知だと思います。
なぜ赤色なんでしょうか?

赤は魔除けの色ということから、「赤頭巾」・「赤いちゃんちゃんこ」・「赤い座布団」などを身に付けるそうです。

父は赤いちゃんちゃんこを、祖父は黄色のちゃんちゃんこを着ました。

 

祖父は88歳を迎える歳なので米寿になります。

 

普段はなかなか写真を撮る事のない祖父と父の2ショットを見ていて、

親子揃って、賀寿のお祝いができるのはいいな~(*^_^*)と思いました。長谷川

 その後、親子4世代での撮影もしました。

 

また普段は中々言えない感謝の言葉も、こういった機会ではストレートに気持ちを伝えることができました。

これからもますます元気で過ごしてほしいです。

春は始まりの季節

2016年4月 4日

 

桜も満開。

 

花も見ごろ。

 

なぜでしょう。

春って何か新しい事を始めたいと思いませんか?

そんな訳で、私も始めました。

何を?

そう・・ダイエットを!!

 

去年の今頃よりも4㎏も太ってしまい。

そのため、体が重い・・やる気が出ない・・。なども体も不調が出てきたので

密かに、お菓子を辞めたり水を多めに飲んだりと気を付けてはみたものの

やはりそう簡単に痩せられません。

 

なので、一食置き換えダイエットなるものを始めました!

三食のうちの1食をドリンクに置き換えるという方法。

先輩方もお心あたりがあるのではないでしょうか・・?

 

始めて2日で1㎏減ったので、やはり余分な栄養を蓄えていたんでしょうね。

体が少し軽くなった気がします。

 

このまま、以前の体重に戻して、キープ出来たらと目論んでいます。

 

このほかにも、春だからという事ではないのですが、ちょこちょこ勉強も始めました。

独身時代のようにじっくりと時間をかけるのは難しいのですが、自分のスキルアップに役立つ資格の勉強や

半田

ずっと忙しくてやれていなかった絵の勉強も今年は少しずつ再開していきたいと思います。

 

春は始まりの季節。

新入生も、新入社員と同じように

期待や不安を感じずにはいられません。

 

厚い肉布団を脱ぎ捨て、身軽になって春を満喫したいと思います。

 

 

 

 

《前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742