オンライン請求から考える徒然。

2016年3月 4日

 

現在、登記簿謄本の取得はオンラインで請求でき、郵送料を役所負担で送付してくれます。(窓口受領も可能です)

 

しかも、窓口で請求するよりも手数料は安いです。

普通に考えると、オンラインでの請求は郵送切手代を役所が負担したりと、その分が加算されて、

窓口での請求より手数料が高くなりそうですよね。

なぜオンライン請求の方が安いのでしょう?

 

 

答えは・・・・

 

わかりません^^

 

単純に考えて法務局のシステム的にオンライン請求の方が人件費が掛からないからでしょうか。

法務局に来る必要がないのに、来るよりも安い!

ってなわけで、なんか怪しいセールストークが始まりそうな感じがしますが・・・

 

まあ、いまどき、コンピューターを駆使して要領良くねっていう当たり前のことでしょう。

(コンピューターという表現がイキだね^^)

 

法務局でできるのであれば市役所や区役所でもできるのではと思ってしまいます。

オンラインで戸籍や評価証明書を請求。

翌日には事務所に到着。

河内

窓口に出向くより手数料が安い。

そんなシステムを早く開発してほしいです。

あまりにも便利になってしまうと私達の存在意義が小さくなる気もしますが、別にいいんです。

そのころには、私達は新たな価値を生み出せるはずです。

文明や文化の発展はそんなところから始まるのでしょうか?

 

 

 

 

 

イオン熱田無料相談会のお知らせ

2016年3月 3日

早いもので2016年も3か月過ぎてしまいました。

先週は立春過ぎたというのに寒い日が続きましたが、皆さまお変わりありませんか。

本日は桃の節句。女の子の健やかな成長を願うにはふさわしい、穏やかな天候で

春が近づいてきているのを実感できます。

 

さて、そんな中今年もやって参りました。

 

イオン熱田無料相談会!!

3月5日(土)3月6日(日)の二日間、弁護士法人ロウタス法律事務所様と合同で開催させて頂きます!!

 

毎回、多くの方にお問合せを頂き、連日多くのお客様にお越し頂いております。

今回も電話でのお問合せが殺到しており、土曜日の枠はほぼ埋まってしまいました。

日曜日の枠は未だ若干の空きがございますので、ご希望のお客様はお気軽にお問合せ下さい。

 

普段なんとなく不安に感じる相続。

でも、専門家に直接相談に行くのは勇気がいる。

そんなお客様に気軽に相談してほしいと考え、始まったこの無料相談会。

今回も少しでも多くのお客様の悩みを聞き、少しでも解決の糸口を見つけられればと

思っています。

 

芽吹きの季節を晴れやかな

半田気持ちで迎えたい。

 

そんな、皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

なお、相談ブースはパーテーションで囲まれた個室状態となっており

お話ししている姿や内容が外に漏れる事はありません。

ご安心下さい。

 

 

 

 

ライフプラン

2016年3月 2日

結婚して、4年が経過しようとしています。

子供ももうすぐ2歳を迎えます。

 

子供が生まれたのを機に、住宅について考えるようになりました。

 

マンション、一戸建て、新築、リノベーション済み物件等々。

住んでいたメゾネットタイプ賃貸の住み心地も良く、近所にママ友もできたし~

と購入は当時考えていなかったけれど、

大きな買い物なので将来欲しいと思った時の参考になればいいなと思い、

ネットや広告で見つけてはちょこちょこ住宅を見学しに行っていました。

 

私は家の間取りを見ることが好きなので、玄関収納が欲しい!ウォークインクローゼットやパントリーが欲しい!(ほとんど収納)と夢は膨らむばかり。

 

半年前くらいに見学した上で良いなと思う物件があり、実際に生活設計を考えました。

金利がいくらで、ローンがいくらで、毎月の支払がいくら、、、払えることは払えるけど、これから子供の教育資金もかかるし、旅行やレジャーだって楽しみたい、維持費や税金の事など色々考えていくと、、

う~ん、高い!!

 

その家との出会いで、私は現実的になり家族のライフプランを考えるようになりました。

むやみやたらに見るのをやめ、

賃貸の家賃以下で購入でき、なおかつ自分のこだわりの条件を満たしている。

 

なかなかありません。

 

結果をいうと、住宅購入をしました。

 

決め手は、家族の決意と覚悟が決まっている時であり、

そのうえで状況が整って条件が良いこと。

 

もちろん全て希望どおりにはいきませんので、住まいの中の優先順位を決めて決断することが大事だということを知りました。

 

そして、ここまでは考えてなかった購入後の手続き。

 

① 住宅ローン控除を受けるための確定申告

② 不動産取得税減税の申請

③ すまい給付金の申請

④ 住宅エコポイントの受領(現在は廃止)

 

思いのほか、大変。

 

やっと全ての手続きが完了しました。

すべて自分自身で動かないことには手当てが受けられません。

仕事柄、自分でスムーズに書類集めができました。

 

 

 今考えているのは、

住宅ローン控除の「還付金をどうするか」ということ。

繰り上げ返済に回したほうが良いのか? 貯めておいたほうが良いのか?

貯めておいても良いのですが、金利上昇リスクを考えると繰り上げ返済しても良いかもしれませんよね。

 

 

家族のライフプラン。  見つめなおす良い機会になりました。

長谷川

本番は練習の7割しかできん。じゃけえ練習で一切妥協せんのじゃ

2016年3月 1日

最近、夜な夜なYouTubeで吹奏楽の動画等を鑑賞してしまう生活が続いていました。

深夜まで動画を見る生活態度について、主人と話合いました。

その結果、どうやら私は高校時代の部活動について後悔があることが分かりました。

 

 

20年経っても非常にモヤモヤしていたようで、「ああではないか」「こうではないか」と検討していました。

 

 

顧問の先生に会いたくなったところ、先生の訃報を知りました。

先生は体調不良により今年のコンクールで最後の指揮になると伺っていましたが、訃報を知ったときは一瞬何が起きたのか分かりませんでした。

 

 

先生には弟共々お世話になったのに全くお礼を言うことも出来ないままです。

 

 

強豪校である岡山H商業高校から転任された先生。

先生は名指揮者かつ名トレーナーで、赴任した学校は必ず県大会で金賞を獲得することになりました。

 

 

吹奏楽には理解がない高校にやってきて筆舌に尽くしがたい苦労をされたことと思います。

 

 

低音が不足している我が部にコントラクラリネットを購入して下さったり、わが校のスコアが全てコピーであったのでアンサンブルやマーチの大量のスコアを購入して下さったり、先生は部員の為に懸命に環境を整えて下さいました。

 

 

大人になった今、先生は予算を取る為に大変な努力をされたのだなと理解できるようになりました。

 

 

当時、部員の為に尽力された先生のことを理解できる部員はいたでしょうか。

多分、いなかったのではないかと思います。

 

 

先生にはよく「本番は練習の7割しかできん。じゃけえ練習で一切妥協せんのじゃ」と仰っていました。

当時はただ「そうなんだ」と受け止めただけです。

時が経ち浪人生活をすることになった私は、先生のこの言葉を試験日にいつも思い出し、骨身にしみるまで理解せざるをえない状況になりました。

何という皮肉なのでしょうか。

 

 

今はどうしてよいのか分かりません。

先生に「ドアホ」と怒鳴られていたことすら懐かしく、もう一度叱ってほしい衝動にかられます。

 

 

先生が仰っていた数々の言葉たちを胸に日々頑張ることがせめてもの恩返しになると思っています。木村

 

 

 

 

 

 

柔軟性

2016年2月29日

今日で2月も終わり!
年が明けてあっという間に過ぎ去っていく日々

最近子供と話をしている時、
「私、柔軟性なくなってる?」
と思ったんです。
体の柔軟性のことではないです。
(こちらも随分ひどい感じですが…。)
考え方の柔軟性です。

最近、会話の中で「普通は…」とか「常識」とか
言ったりすることが、多くなってるような気がします。
頭では、「普通」って言ったって自分の「普通」であって
みんなの「普通」ではないのはよくわかってるのですが
ついつい言ってしまって、子供にも「普通」ってなんなの?
なんて言い返されてしまうことも…。
そんな時は、ハッとします。加藤
私自身「普通」とか「常識」とか言われることが、以前は嫌だったのに。

もしかしたら、日々大きくではないでしょうが変化しているものかもしれないですね。
ただ、やっぱり自分の中の核みたいなものは大事にしたいとは思うので
折り合いをつけながら、もう少し柔軟になりたいと思います。
いろんなことに好奇心をもって、時代の変化にもついけれるよう
やわらかくやわらかく過ごしていけらたら最高かも!

《前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742