アイフル事業再生ADRで債務完済

2015年9月 2日

アイフルへの債務完済の話ではなく、アイフルが自己の債務を完済したとのことです。

バブル崩壊による景気の悪化を受けて勢いを強めていった消費者金融は
1990年代に東証一部に上場が相次ぎました。
その勢いはすさまじいもので、あらゆるテレビ局でCMをバンバン流し
子どもたちまでそのフレーズを口ずさむほど世間に認知されており
この世の春を謳歌するが如く勢いを強めていきました。

しかし平成18年1月、過払い金を支払う義務があることを明示した最高裁判決により
支出額が増大し、経営が圧迫されていました。

武富士は会社更生法の適用を受け、4年ほど前に倒産していますが田中
銀行がバックについていない 同じ独立系消費者金融大手としてアイフルは
任意整理の法人バージョンである事業再生ADRという方法を選択し
ついに完済までこぎつけたようです。


過払い金回収の交渉時にはいつもいつも
「うちはいつ潰れるかわからないからこれだけ減額してもらわないと困る」
といった感じで減額をせまられていましたが、
結局のところ今後も似たような交渉文句を使ってこられそうな気がしています。

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742