遺言は簡単?

2015年8月25日

遺言に基づく名義変更のご依頼を頂いた際、

ご持参いただいた遺言を拝見して「あれ?」と思うことがあります。

 

「この書き方だと法律的解釈が・・・・」というような内容。

「この書き方だと結局相続人全員の署名押印を求められるのでは・・・」というような内容。

この書き方だと金融機関はすんなり手続してくれないのでは・・・」というような内容。

 

専門家が作成に関与している公正証書遺言でも見かけることがあります。

そのような場合は、実際に名義変更をする法務局や金融機関と事前打ち合わせが必要になります。

場合によっては、法務局への照会や金融機関での稟議等を経て、やっと手続きの道筋が見えたり・・・

 

逆に、この遺言は勉強になるなというようなものに出会うこともあります。

 

当事務所は「遺言作成」と「遺言に基づく名義変更」の両方の業務を行わせて頂いています。

河内

どのような遺言がより良いのかを日々肌で感じることのできる立場にあります。

これは当事務所の強みと感じています。

 

遺言作成の入口はシンプルです。

テレビ等のメディアでもよく取り上げられています。

しかし奥はかなり深いと感じます。

 

 

 

 

 

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742