商業登記規則、変わります!

2015年2月 5日

先月の痩せる宣言から約1ヶ月が経ち、
昨日も軽量しましたが、若干1.3キロほど痩せていました。
(前日、病に倒れゼリーしか口にしなかったので、期待していたのですが…)
でも、筋トレの効果は出ていると信じていますので、
今年はあまり体重の数字にはこだわらず、鍛えようと思います。

さて、いつまでもダイエットの話をしているわけにもいきませんので
昨年11月にわかくさblogでも取り上げた「商業登記規則の一部改正」が、
正式に、この2月3日に交付され、
平成27年2月27日(金)から施行されることとなりました。
商業登記規則改正.pdf

「役員変更の登記に関する添付書面が変わります」
(1)役員の就任時の添付書面が変わります
【対象となる登記、役員】
◇株式会社の設立の登記
◇再任を除く、取締役等(監査役、執行役)の就任による変更の登記
※株式会社に限らず、法人の役員にも同様の改正があります。

【改正の内容】
◆登記申請書に、印鑑証明書の添付が必要な場面を除いて、
就任する取締役等の「本人確認証明書(※)」の添付が必要になります。
(※)「本人確認証明書」の例
①住民票の写し
②戸籍の附票
③住基カード(住所の記載があるもの)の写し[要 原本証明]
④運転免許証等の写し[要 原本証明]

(2)代表取締役等が辞任する場合の添付書面が変わります
【対象となる登記、役員】
◇代表取締役(代表取締役たる取締役)の辞任の登記
◇代表執行役(代表執行役たる執行役)の辞任の登記
※いずれも、法務局へ印鑑を提出している代表者の辞任の登記
※(1)と同様、株式会社に限らず、法人の代表者についても同様の改正があります。
平松
【改正の内容】
◆辞任届が以下いずれかの方法によらなければならない
①辞任する代表者の個人実印による押印+その印鑑証明書(市区町村長発行)の添付
②辞任する代表者の法務局届出印による押印


と変更になります。

詳しくは、お問い合わせ頂ければご案内いたしますので、
お気軽にお問い合わせください。

(もう一点、改正点がありますが、それはまた別の機会に…)

 

増税への関心の高さ?

2014年12月17日

12月16日に行われた終活セミナー、終わりました。

どれだけの参加者となったかは正確な数はわかりませんでしたが、
配布したパンフレットが約130部ずつ減っていたようです。

写真はこちら (小さいですが朽木がお話させていただいているところです)
IMG_2666.jpg

今回は今までのセミナーと比べても、大変な盛況ぶりであり、田中
あと2週間後に控えた改正相続税法のスタートがしっかりと認知されていることを感じさせられました(税理士さんには個別相談希望者があふれてかえっていました)。
ずっとマスコミを賑わしていますからねえ。

マスコミ・税金の話といえば、「消費税10%」の話もありますし、
国民の目に見えすぎる形でつぎつぎと増税の波が押し寄せてきています。


もちろん脱税はいけませんが、節税はとても大事なことです。
定められた税金はキッチリと納めながらも、残された方たちにしっかりと財産を承継させる。
そのためにも、今まで以上に税金の知識やその対策が大事になっていくことと思います。

 

久しぶりに旅にでています

2014年12月16日

先日、某芸人が集まるトーーーク番組の、
「ドラクエ芸人」なる企画に即座に触発されて、
発売当時に度に出てから20年以上ぶりに、
「ドラゴンクエストⅤ」の旅に出ております。

大筋は覚えているものの、
20年以上経っているので、次にどこへ向かうべきなのか。
なんてところは全然覚えてないですね。
(これ覚えていたら、私は再度プレイする気にはなれませんが…)

やはり、この作品は、
父から子へさらにその子へ…
と親子3代にわたって繰り広げられるストーリーが良すぎて、
名作といわれるのも改めてわかるような気がしております。



さて、話をがらりと変えてしまいますが…
会社などの法人が、国・公共団体への申請手続きをオンラインで行おうと思う場合、
法務局に届け出て、「電子証明書」なるものの発行を受けなければなりません。
(うちの事務所も登記申請手続きをオンラインで行うためには、
必須のものであるため、発行を受けています。)

登記申請・税金の申告・特許の出願などの手続をオンラインで申請する場合には、
その申請書に電子証明書を用いて「電子署名」をして申請をすることになります。
この証明書を受けるには、法務局へ
「会社の商号(法人の名称)」
「本店」
「代表者の住所・氏名」
を届出て、証明書を取得することになります。

この証明書が、個人の印鑑証明の届出なんかと異なり、
証明書の証明期間に応じて一定の手数料を納めなければなりません。。

一番短くて3ヶ月、長くて27ヶ月の間、
一度の手続で証明をしてもらうことができるのですが、
先日法務局で指摘されたことで「あ、そうか。」と思うことがありまして…

この証明書には、前記のとおりある意味当然のことながら、
「会社の名前、本店、代表者の住所、氏名」が記録されていますが、
このうちの一つにでも変更があると、
現状申請の出ている電子証明書が使えなくなってしまうそうなのです。

この点については、指摘を受けたら「あ、そうなんですね。」と納得は行くのですが、
納得いかない点が一つ。
それは、証明期間が残っていてもその残存期間については、
既に納めた手数料は払い戻しを受けられないということ。

商業登記でよくご依頼を頂く、平松
「商号変更」
「本店移転」
「代表者の住所変更」
「代表者の交替変更」
をすることにより、電子証明書が使えなくなってしまうことはおろか、
すでに電子証明書取得に支払った手数料については、払い戻しを受けられない。
というのです。

各種手続きを積極的にオンライン申請するよう推し進めるのであれば、
残存期間の手数料は払い戻し「いたしません」と言わずに、
もっと柔軟に対応してもらえてもいいと思うのは私だけではないはず…

イオン千種相続相談会開催場所について

2014年11月29日

相続相談会の告知ですが、特に今回は開催場所についてです。

11月29日(土)・30日(日)開催の弁護士・司法書士による イオン千種相続遺言無料相談会
の開催場所をここで大きく載せておきます。

aeonspace.jpg

イオン千種に出向かれたことのない方から、お電話にてご予約を頂きましたが、
「なかなか場所がピンとこない」とのご指摘を頂戴しました。ごもっともです。


開催前にサイトに掲載しますのでそちらをご確認下さいとお伝えしていたにもかかわらず、田中
掲載が遅れまして大変失礼いたしました。

2階をフードコートに向かって歩いていただくと、
「相続遺言」と一目でわかるスペースがございますので、
すぐに見つけていただけるものと思います。


それから、今回はまだ空きがございます。
当日は事務所にお電話いただいても連絡が取れない状況ですので、
すみませんが直接会場にてご予約(空いていればその場で相談可)をお願いします。

単独での遺産分割 からの ソフトボール

2014年11月 6日

先日、弊所blogにて取り上げた、
「一人で遺産分割協議を行うことの可否」について、
今までは当たり前のようにこの手段で登記申請をしていたものをゴソッと覆す
通達が出されたようですね…。

詳細については、先のblog記事に説明は譲らせていただきますので、
気になる方は、そちらの記載にてご確認を頂きたいと思います。
これを受けて、名古屋法務局管内でも、同様の登記については、
今現在は却下されてしまうようです。お気を付けください。

その、基となる判決が公開されていますので、
気になる方はこちらから覗いてみてください→
平成25年(行ウ)第372号判決.pdf

と、今日のblogのネタが尽きてしまいましたので、この辺で…

というわけにはまいりませんので、気を取り直して…
(って言うほど大したネタではありませんのであしからず。)

「久々復権!!西三河支部が愛知を制す!!」
ということで、先日愛知県司法書士会の支部対抗ソフトボール大会が行われ、
私、西三河支部の一員として参加させてもらいました。

結果は…見事優勝!!!してしまいました。

私がこの大会に参加するようになって3回目。
なかなか優勝に手が届きませんでしたが、やっと優勝できました。
参加するたび、「昔は西三河は強かった」と言われており、
過去2回もメンバーの実力は決して優勝チームに引けを取らないと自負しておりましたが、
なかなか優勝には至らず。

もちろん、真の目的は親睦を図ることではありますが…
負けず嫌いなので…平松
やはり、やるからには絶対に負けたくないので、
いつかは優勝したいと思いながら、3度目の挑戦でついに念願叶いました。

今までのメンバーに加え、活きの良い若手も加わり、
ベテランから若手までチーム全員での勝利だと言えるかと思います。
(と偉そうなことを言っておりますが、経験者でもあることから、
4番・キャプテンという大役を仰せつかりましたが、
皆様の期待に十分応えられるような活躍はしておりません)

だんだん悪い癖でまとまりがなくなってまいりましたが、
また来年もこの企画があって、参加できるチャンスがあるのであれば、
もちろん連覇を狙いたいと思います。

《前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742