消滅時効の援用

2017年5月 2日

最近なぜかこの消滅時効の援用依頼が増えております。
この消滅時効、120年ぶりといわれる今度の民法改正における大きなポイントの一つです。
「権利の上に眠る者は保護しない」と言われますが、
請求・回収できる状態にありながらも長い間放置している場合は
もうその権利そのままなくなってもいいよね?
本当に困るんだったらこんなに長い間放置なんてしてないよね?
という考え方を表現しているものです。
10年やら5年やらが原則で、中には1年・2年と状況に応じてそれぞれに時効期間が定められておりますが、この消滅時効は期間が経過すれば自動的に完成というわけではなく、期間の経過はあくまでも援用することができる状態になる前提条件であり、「消滅時効の利益を受けます」と債権者に通知(援用)することによって完成します。
ときどき知らぬ間に判決をとられていたりして、やぶへびになってしまうケースもありますので、仮にご自身で挑戦してみようと思っておられる方も念のためまずは先に専門家に相談された方がいいと思います。

最近なぜかこの消滅時効の援用依頼が増えております。

この消滅時効、120年ぶりといわれる今度の民法改正における大きなポイントの一つです。
「権利の上に眠る者は保護しない」と言われますが、
請求・回収できる状態にありながらも長い間放置している場合は
もうその権利そのままなくなってもいいよね?
本当に困るんだったらこんなに長い間放置なんてしてないよね?
という考え方を表現しているものです。


10年やら5年やらが原則で、中には1年・2年と状況に応じて
それぞれに時効期間が定められておりますが(時効のそれぞれの期間)、

この消滅時効は期間が経過すれば自動的に完成というわけではなく、
期間の経過はあくまでも援用することができる状態になる前提条件であり、

田中

「消滅時効の利益を受けます」と債権者に通知(援用)することによって完成します。



ときどき知らぬ間に判決をとられていたりして、
通知がやぶ蛇になってしまうケースもありますので、
仮にご自身で挑戦してみようと思っておられる方も念のため
まずは先に専門家に相談された方がいいと思います。

 

 

 

フリーダイヤル

2016年8月23日

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

お盆休みは会社勤めの社会人にとって、夏休みの一大イベントです。

しかし、そんな休日はあっという間に終わってしまいました。

 

気持ちを切り替えて、今日も一日頑張りましょう!

 

 

 

日頃、フリーダイヤルの電話対応をさせていただいておりますが、

お問い合わせがあった質問について、いくつか記載します。

 

Q.相続はどこに相談したらいいの

A.わかくさ総合事務所では、不動産の名義変更から遺産分割協議書まで相続のお手伝いを多くさせて頂いております。

ぜひ当事務所にご相談頂ければと思います。

 

Q.相続人じゃないけど聞きたい

A.無料相談については相続人でなくても対応させていただけます。

まずはお電話主様に専門家よりご説明をさせて頂いて、その後相続人様とお会いさせていただくケースもございます。

 

Q.相談したいけど足が悪くて来所が難しい

A.もしご希望でしたら、ご自宅等での初回無料相談を手配させていただきます。

その場合、専門家の交通費のみ頂戴いたします。

 

Q.営業時間内での来所ができない

A.平日の18時以降、土曜日の相談は事前のご連絡で日程調整させていただければ対応が可能です。

 長谷川

 

まずは、お気軽にお問合せください。
ご連絡先は、下記となります。

 

 

0120-758-137(名古屋)

0120-596-742(岡崎)

「株主名簿」ってありますか?

2016年7月28日

商業登記規則が改正され、
来たる10月1日以降の商業登記の申請において、
株主総会議事録を添付書面とする登記申請では、
株主総会議事録に加えて「株主リスト」なる書面の添付が必要になることになりました。

■法務省HPより『「株主リスト」が登記の添付書面となります。』
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00095.html


したがって、今後登記申請のご依頼にあたっては、
株主名簿に記載された事項から抽出することが株主リスト作成の一番の近道であると
考えられるため、株主名簿等のご提出をお願いすることになろうかと思います。

これまでも、一定の登記申請には株主名簿を提出する必要がありますので、
ご提出をお願いするケースもありました。
すると「株主名簿なんて…」というケースも多々ありました。
平松
今後、株主リストを添付しての登記申請となる場合に備えて、
株主名簿の整備をすることが重要になってくると思われます。

是非、この機会にご自分の会社に株主名簿があるかどうか、
また、それは最新のものになっているかどうか、
ご確認されてはいかがでしょうか?

税務申告の際の「同族会社等の判定に関する明細書」(いわゆる別表二)が
あれば、比較的簡単に株主名簿は作成することができると思われます。

ご質問等がございましたら、お気軽にご相談ください。

ご丁寧な裁判所の対応

2016年2月22日

先日、
書面上、貸金業者との取引で最後の取引日から5年以上経過した債権について、
裁判所から書類が届いた。という相談をお受けしました。

ご来所いただいて、一緒に裁判所から送られてきた訴状を見て、
ひととおり、消滅時効の可能性のお話をさせて頂きました。

相手から提訴されている以上、
何も対応をしない。ということは間違ってもできませんので、
「答弁書」を提出することになります。

と、裁判所の封筒の中身をよくよく見てみると…
小さな1枚の紙が。そこには、
「個別にお伝えしたいことがありますので必ず電話をください。」
と書かれていました。

私もいろいろとこのようなケースでお話を伺ってきましたが、
このような紙が入っていたことは未だかつてありません。
なんだろうな…といろいろ想像をしてみましたが、
答えは出るはずもありません。
また、相談者の方も気になるとのことで、電話をしてみることに。

すると…
「このまま、何も対応をしないと相手方の言い分通りの判決となりますから、
専門家の方に必ず相談に行って、しかるべき対応を取ってください。」
という内容のお話だったそうです。

通常送られてくる書類の中に、
「いついつ裁判だから来てください。」
「答弁書を出してください。」
「出さないと原告の言い分通りになる可能性がありますよ」
と書いてあるものは入っています。

これでも十分親切だとは思いますが、平松
さらに電話を促して、適切に対応することを促してくれる
なんともご丁寧な裁判所の対応にちょっと感動を覚えました。

結果がいい方向に行くかどうかはまだわかりませんが、
何も対応をせずに判決が出てしまった。という結末だけは避けられます。

これをお読みいただいた方の中に、
借金に関して裁判所から通知が届いて、どうしようか…
と迷っている方がいらっしゃったら
必ず中身を確認し、
必ず早めに専門家にご相談ください。

 

無料相談利用のススメ

2016年2月 5日

弊所は、主に相続及び登記の業務のご依頼を頂くことが多いです。

これらは、民法や不動産登記法、商業登記法等の法律に基づいて手続きをすることになります。

一般的に、これらの法律を意識して生活をすることはあまりないと思います。

そのため、弊所がみなさまのかわりに手続きをしたり、アドバイスをさせて頂いたりしています。

 

今では、以前と比較して、行政側も一般向けに相談室を設けるなどの行政サービスを行っており、そのサービスを利用する方もいらっしゃると思います。


私も、私事で専門外の手続が必要な場合には、行政に確認をしますが、やはり専門知識がないと要領をえず不安になります。


仕事柄、法律には数多くの規定があることは知っているので、行政の確認のみではなく、専門家に意見を求める事はとても重要であると感じます。

河内

幸運にも、私は、多種多様な専門家の先生とお付き合いをさせて頂いているので、専門家に意見を求めることはそんなに難しい状況にあるわけではありませんが、そのような状況にない方は、なかなかその機会がないことが多いと思います。

 

最近は、無料相談を行っている専門家も増えています。

是非、ご利用されることをお勧めいたします。

弊所も、電話でのご相談、ご来所頂いてのご相談等を初回無料で行っておりますので、是非ご利用いただければと思います。

 

 


 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742