女の子なのに

2011年6月28日

毎日、ムシムシして暑い日が続きますね。
まだ6月だからクーラーなんてと考えて
グッとこらえてましたが、先週の土曜日の暑さにはかなわず
とうとうクーラーを入れました。
今日もそれに匹敵するぐらい蒸し暑いですね。

3,4か月程前から娘が右ひざが痛いといいだし
整形外科につれていくと
「オスグット」と診断されました。
オスグットとは、成長期にお皿の下の骨が徐々にでてきて
痛みを生じるもののことで
おもに男の子が発症することが多いそうです。

うちの子、女の子なのになんで?と思う間もなく
先生には、よっぽど元気がいいんだね~!
と何度も連呼されました。(笑)
確かに、わが娘小さい時から体を動かすのが大好きで
常に生傷が絶えないような娘です。
なので、オスグットと診断されてからも
放課には、ドッジボール、部活でバスケをし
帰ってきて少しでも時間があれば公園へ直行し
走り回る生活をしてたのです。

最近、ひざの下の骨のでかたがひどくなったような気がして
スポーツ外来のある整形外科の先生に診てもらう事に。
レントゲンを撮ると前回とは明らかに違うじゃありませんか。加藤
ひざの下の骨が、太ももの筋肉に引っ張られて剥離しかけてる状態で。(涙)
その日から、娘の大好きな走る・跳ねるはしばらく禁止といわれ
週1リハビリと毎日のストレッチを命じられたのです。

今日2度目のリハビリに行ってきました。
まだ少し痛みはあるようですが、ストレッチの大切さを少し感じたようです。
成長が止まるまで上手に付き合っていくしかないので
私も娘が教わったストレッチを一緒にやりながら
気長に付き合おうと思ってます。

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742