トラポノミクス

2016年11月29日

大方の予想を覆して次期アメリカ大統領は共和党のトランプ氏と決まりました。
トランプ大統領ともなれば株式市場は急降下するとの予想が大勢を占めていた中
こちらも予想に反してドル・株価は急騰。

打ち出している政策がレーガン政権におけるレーガノミクスを彷彿とさせるような内容であるため
早くもトラポノミクスなんて呼ばれてその期待値により上がっているみたいです。
でもまだ就任すらしてない状況ですからね。

日本もここ数年の官製相場によりここ3、4年前の底値と比べて
株価は一時3倍近くにせまる勢いで上昇しそこからは下がったものの依然高い水準を維持しております。
ただ結局大企業の内部留保が増えるばかりで従業員まではその恩恵を感じておらず
ましては我々中小零細ともなるとまったく株価に応じた好景気を感じることができません。

全然実感なくてわからないのですが、田中
今の日本って4年前より好景気なんでしょうか???

逆に不景気の方だけは、強く実感できてしまうんですよね。
黒田バズーカと呼ばれる日銀の国債大量買受やマイナス金利などの緩和による
無理に高めた株価が何かを切っ掛けに下落に転じると、雪崩をうつように崩れていくような気がしています。

ようやく落ち着いたように見える破産などのご相談が
また激増するなんてことがないといいのですが
続けに続けた無理の反動がくることを非常に懸念しています。

1
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742