今年の目標

2016年1月28日

平成28年がスタートして早1か月
なんと早いことでしょう。
暖冬と言われる今年の冬ですが、ここ数日は冬らしい寒さです。

毎年1月は、新しい年が始まるということで
今年の抱負をなんとなく考えたりしますが
昨年は、どんなこと考えてたのか振り返ってみました。
情けない。思い出せません。

ということで今年は、目の前のことに集中していくことにします。
1月、2月は、
「家の片づけ集中月間」
とすることにしました。加藤

今までも機会を見つけては、断捨離に励んできたつもりですが
思い出のつまったものは、なかなか処分できず
スペースのあった棚はいつの間にか満タンに…。
そして、納戸やロフトは普段使わないものが追いやられ
悲惨なことになってる始末。
昨年末に頑張ってみたものの結局最後まで片付けれず。
という感じでしたので、週末ごとに場所を決め頑張ってる次第です。

暖かくなった頃には、スッキリした気分になれるよう頑張ります!

この胸の高鳴りは2

2016年1月14日

先日、ついに愛工大名電高校吹奏楽部の定期演奏会に行きました。

 

おお、この日を何と待ちわびたことか!

楽しみにしすぎて開場時間の1時間前に着いてしまいました。

 

予想していた曲目はだいたい当たり、クラッシックの第一部は、今年度のコンクールの課題曲及び自由曲、アルフレッド・リードのアルメニアン・ダンスとエル・カミーノ・レアル。

そして、第二部は、マーチングとポップスステージでした。

(便宜的に休憩をはさんで一部・二部とします。)

 

第一部では、自由曲が名電高校のために作曲された委嘱作品であることに衝撃を受けました。

最近のコンクールでは、私学の高校は作曲家にコンクールのためだけに作品を頼むそうです。

何と贅沢なことでしょうか!

時代の流れを感じずにはいられないです。

 

私が高校生の頃は、ローマの松、ローマの祭、三角帽子、ダフニスとクロエ等々その年ごとにコンクールの定番がありました。

当時はネットもなく何を演奏するかは公にはされていないので、フタを開けてみるとほとんどの高校がローマの祭だったということもありました。

 

その贅沢な自由曲なのですが、ハープが当たり前のように演奏されているではありませんか。

最近の私学ではハープがあるのがさも当然になっているようです。

 

私学の経済力を思い知りました。

 

演奏の内容は途中クラリネットのリードミスが何度かあったり、エル・カミーノ・レアルの中盤のユーフォのソロで疑問が残る内容でしたが、木管のレベルが高校生の次元を超えていました。

 

とくにオーボエ。

異国情緒たっぷりに緩急つけて、ピアニッシモになっても音程が下がらない技量はどうしたことでしょう。

 

毎日どんな練習を積み重ねているのでしょうか。

ロングトーン・音階練習から始まり、パート練習、合奏に至るまでの血のにじむような努力をなさったことでしょう。

 

第二部では若さが弾けそうなマーチングとポップスが演奏されました。

規律正しい動きやステージ上での踊りを見ていると、一生懸命さが伝わってきて思わず涙が出てきそうになりました。

金賞常連校であるにも関わらず、謙虚に精いっぱいの笑顔でお客様に楽しんで頂くために考え抜いて練習されたのでしょう。

 

部員188名の熱い想いが伝わる楽しい演奏会でした。

 

思わず終わったあとは、あまりに感激して主人に電話しました。

「たっけは名電に入れよう。楽器はトロンボーンかユーフォだ」木村

 

これからは、息子が興味を持てば最大限応援してあげたいです。

帰ってから息子に吹奏楽のCDを聴かせたら、即座に電源を切られました。

まだまだ彼は童謡が好きなようです。

 

 

 

 

あ・うん

2016年1月 6日

2016年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

新年最初のブログという事で、抱負を語ってみようとか、年末年始の出来事を綴ってみようかとか

いろいろ考えましたが、昨日起こった面白い出来事を少々・・。

 

結婚して早1年。赤の他人と住むという行為は、お互い遠慮したり気を使ったりと慣れるまでストレスとの

戦いでした。※こんな私も控えめで健気な新妻だったのです。

 

しかし、1年も経つころ、ある事に気づきました。

 

あれ・・似てきた??・・と

 

笑いのツボや思考回路のシンクロ率が確実に上がっています。

 

特に、昨日私が夕食を準備していたときに、

ふと、無性に

お味噌汁にお餅を入れたくなりました。

普段お味噌汁に好んでお餅を入れるタイプではありません。

何となく入れてみたくなったのです。

 

しかし、お味噌汁。

しょうゆ味のクリアスープではありません。

お餅はすっぽりと水中に埋もれ、一見普通の赤だし同様です。

お餅の存在は闇に葬られました。

 

そんな中、お餅の存在を知る由もない主人は赤色の水面を見つめてぽそっと

「これにお餅入れると美味しそうだよね」

とつぶやきました。

「・・・もう入ってるよ?」

「・・・え?!」

「今日はなんとなく入れようと思って入れたよ」

「なんと?!」

その時の主人の顔。

ああ・・鳩が豆鉄砲を食うときっとこんな顔をするに違いない。

と思いました。

 

そういえば、子供の頃に

(アイス食べたいなあ。)

半田

と考えていると、母が買ってきてくれたりする事が度々あって気がします。

以心伝心。

あうんの呼吸。

そうやって、夫婦は似てくるのでしょうか。

1年目の発見でした。

 

余談ですが、

学校給食のカレーの日に夕飯もカレーというケースが多かったのですが

これって私だけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年 年賀

2016年1月 5日

2016年があけました。
あけましておめでとうございます。
弊社は昨日から営業を開始しております。
田中
昨年は、これまで以上に相続・遺言あるいは終活といったことが世間に認知されてきたという印象です。
そしてこの傾向は今年以降 今後ますます強くなっていくものと思われます。

数年来、これら業務に力を入れてきたわかくさも
昨年以上にますます皆様のお役に立てるように頑張りたいと思っています。


本年もどうぞ よろしくお願いいたします。

1
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742