年末年始休暇のお知らせ

2015年12月28日

 

平素は、格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

 

司法書士法人わかくさ総合事務所から「年末年始休暇のお知らせ」をさせて頂きます。

 

年末年始休暇は2015年12月29日(火)~2016年1月3日(日)とさせていただきます。


12月29日(火)お休み

12月30日(水)お休み

12月31日(木)お休み

1月1日(金)お休み

1月2日(土)お休み

1月3日(日)お休み

1月4日(月)からは、通常通り営業いたします。

 

年末年始休暇期間中は、電話でのお問い合わせは対応出来ませんので、

Webお問合せフォーム、メールまたはFAXでよろしくお願い致します。

 

※年末年始休暇期間中におきましても、サーバ監視は24時間行っております。

※年末年始休暇期間中に頂いたメール・FAXへのご返答は、

1月4日(月)以降に、順次行ってまいります。

河内


期間中ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解下さいますよう

よろしくお願い申し上げます。

 

最後の大勝負

2015年12月25日

師走ですね。
早いですね!
聞き飽きましたかね…

暮れといえば、一年の総決算、有馬記念!!!(強引)
今年ももう有馬記念か(笑)

今年の有馬記念で一つ個人的に思うところがありまして、
「今年の有馬記念をもって、馬券の購入を一時ストップします!」
(誰も聞いてないと思いますけど)

もちろん、馬券を買うことを一時凍結するだけで、
「競馬」というものには係わっていますが。

本当にこれを読んで下さる方がいれば、
「で?」というお話でしょうが、
競馬歴15年の中で、記憶の中では2度目の自重期間ということで、
個人的には結構な決断と思っています。

最後(これで引退ではないので、最後という言葉が適切ではないんでしょうが)
の馬券に競馬の女神は微笑んでくれるのでしょうか…

じっくり考えて、思い切り有馬記念を楽しみたいと思います!!

 

平松

あと一日、月曜日も通常業務を残しておりますが、
今年も一年、わかくさ総合事務所にご依頼をいただいたお客様はじめ、
当事務所に関わるすべての皆様には、
大変お世話になりまして、この場をお借りして、感謝申し上げます。

来年も引き続き、本年同様のご支援、ご指導、ご鞭撻賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。

それでは、皆様よいお年をお迎えください。

この胸の高鳴りは

2015年12月16日

前々回のブログでフルートを吹き始めたと書きました。

吹いてみると酷いもので吹いていない年月の長さを一気に思い知りました。

 

 

低音は何とかなります。

しかし、この高音部の醜さ、高音部の音程の合わなさ具合。

異次元の音で半音上の音が出てしまう。

 

 

まるで、ドラゴンボールで言うならフリーザが悟空に負けたときのフリーザの気持ちでしょうか。

聖闘士星矢で言うなら、シャカが眼を開けてしまうほどの怒りでしょうか。

 

 

楽器の習得は年月がかかるのに忘れるのは鬼のように早い。

 

 

何故、出来なくなってしまったのか?

それは当時あまり苦労しなかったからだと思います。

私は口の作りがフルート向きだからか、低音、高音、歌い方、息の抜き方、運指等々苦労をしたことがありません。

後輩が何故低音に難儀しているのか全く分かりませんでした。

運指は時間をおいて練習すれば克服できる。

音が割れるなんてありえない。

吹奏楽の中のフルートでも「パワーフルート」

顧問に「音量がほしい」なんて言われないわよ!

金管にも負けないんだから!

 

 

不遜ながら当時はそんな認識でした。

 

 

若さゆえに不遜なのか、私が不遜なのか。

おそらく両者でしょう。

 

 

そして、日本の吹奏楽部の子供たちの共通認識「長時間練習すれば千回に一回は出来る。」

まさにこの思想にどっぷりつかっていました。

(Y工科高校の顧問の先生は上記のことを「上達の秘訣」とまで仰っています。)

 

 

この思想は金賞常連校であればあるほど至極当然と受け止められるものではないでしょうか。

確かに、強豪校の同級生たちは終電間際に帰ることがしょっちゅうだとボヤいていました。

というか、高校時代に彼女たちと演奏会・研修会・コンクール等で会うことはあっても、近所で彼女らの姿を見かけることはありませんでした。

 

 

全くもって後悔しかないあの日々よ。

何故感覚だけでやっていたのか。

もっと考えながら吹いていれば今頃技術は落ちていないはずです。

 

 

そんな落ち込む日々に差し込む光が訪れました。

 

 

何と、年明けに開催される愛工大名電の定期演奏会のチケットを密かに取得することができました。

偶然広告が目に入り発売1日目に取得できました。

神は私を見捨てなかったのです。

 

 

このような僥倖に恵まれ年内は確実に幸せです。

12月現在、私に熱いお茶をぶっかけても焼肉のタレをぶっかけても大丈夫ですよ。

すぐに乗り越えられそうです。

 

 

今からyoutubeで演奏されるであろう曲を予め聴いています。

便利な世の中になりました。

 

木村

 

当日は彼らから一つでも多くのことを学んできます。

神様、有難う!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご供養

2015年12月15日

もう12月も中旬ですが、なんだか昨年に比べて温かい日が続いております。

つい先日は名古屋で22度!!

今年はまだコタツも出していないですし、もうちょっとそのままでも頑張れそうですね^^

毎年勝手に「いつまで暖房を付けずに過ごせるか」と一人で行っておりますが

現在記録を更新中です!!目下の目標は、クリスマス。年越しはコタツが欲しいなぁ~と思いますね

 

はてさて、先月の事になりますが 大須観音へ行ってきました

目的は、扇供養です

大須観音は色んなご供養をする事が有名ですが、その中で11月に毎年行っている扇供養があります。

実は今まで物に対する供養を行ったことが無かった私ですので、初体験!

人形供養や、扇供養があることは知っていたのですが なかなか実行をする機会も無く壊れた扇はそのままになっておりました。

この度、先生より扇をお預りして(ついでに自分の扇も)ご供養に

 

初めての事で緊張しながら受付を済ませ、扇を預けたあと中に入り御経があがります。

2-30分程度でしょうか

(椅子が足りず、正座をしていたのですが足のしびれで立てないかと・・・)

お焼香を済ませた後外に出ると、供養の為の火鉢のような物が置いてありました

参列者で火鉢の中に扇をどんどん入れ込んで、さぁ 点火!!

小雨の降る中でしたが、想像以上の火力でビックリ

轟々と燃え盛る中、更に残った扇を皆で投げ入れます

気分はまさにキャンプファイヤー

 

 

syu-5.JPGのサムネール画像

 

 

童心に返って、少し楽しんでしまいました(笑)

周りに参列者以外にも観光客の方や、外人の方まで沢山みえる中燃えておりました

扇への感謝と、「芸事が上達しますように」とお祈りし 無事にご供養がすみました

 

正直な話、ゴミ袋に入れて廃棄処分で良いじゃないの?とも思っていたのですが

橋本

やはり長く使い込まれた物には、持ち手の気持ちがこもりますので

 

その気持ちも合わせて供養してあげると、次の物に対しても気持ちが込められて大切に使おうと感じます。

一つ一つの物に対して 気持ち を込めて生活できたら

とても素敵なことだなぁと改めて思いました

 

DIY日記①

2015年12月14日

 

 最近、DIYにハマっています。

 

 

DIYとは専門業者ではない人が、自身で何かを作ったり、修繕することです。

(英語のDo It Yourselfドゥ イット ユアセルフの略語)

テレビや雑誌等で取り上げられているのを見かけて、

まず家の内装を自分でやってみよう!と思い立ちました。

 

まず、取りかかったのが壁紙。

以前、壁紙の張り方教室というのを受講していたので早速壁紙を購入して決行~!

その壁紙というのも、張ってはがせるタイプの輸入壁紙。

剥がした後は施行前の白い壁に元通りになります。

剥がせるならと思い、柄を取り入れて冒険してみました。

 

主人は何やら不安げ・・(笑)

 

完成図は頭で想像し、何となくイメージで決行!(そのへんO型)

 

当日は、母にも手伝ってもらい、主人は壁にノリを塗っていく担当、

その後を追って私と母が壁紙を次々に貼っていく。

娘ちゃんは道具のローラーが気に入った様子で、一生懸命に壁をコロコロしてくれていました。

 

休憩も挟みつつ、1日かけて施工が完了しました。

 

 以下、ビフォーアフターです。

DIY1.jpegのサムネール画像

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんということでしょう、シンプルなキッチンがとても明るく可愛らしい雰囲気になりました。

カウンター下の白い木目柄は手触りも本物の木のような仕様で出来ており、とってもお気に入り。

長谷川

皆で協力して楽しく作業ができたので、完了したあとの達成感もあり、とっても愛着が湧きました。

材料費は4万円ほどで出来ました。安い!

 

次回は、透明ガラスをチェッカーガラス風へ変身!した模様を書きたいと思います。

~DIY日記②につづく~

 

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742