婦人公論の面白さ

2014年8月27日

 今、私を虜にしている雑誌があります。

 

 それは、婦人公論です。

 

 中学生のころは、新聞広告欄に婦人公論の見出しを見るだけで「大人になるのは何て大変なんだ」とうんざりした気持ちになったものです。

 

 「今年こそ整理したい夫の親戚」「もう人づきあいに悩まない5つのコツ」「大不況を乗り切る主婦の力」確かこんな感じの見出しが多かったです。

 

 しかしながら、今は婦人公論に書かれていることが身をもって分かるようになりました。

 

 何と面白い雑誌なのでしょうか。

 

 旬の芸能人の告白(だいたいこれが、身内との関係や現在進行形のスキャンダルについてのものだったりする)や、巻頭の中年女性の頭を悩ませる問題(介護・嫁姑・実母との関係)、そして巻頭のテーマに関する同年代の読者投稿があります。

 

 つい先日は、漫画家・江川達也さんの実兄との遺産相続訴訟に関する寄稿が載っていたのでついつい買ってしまいました。

 

 婦人公論の何が私を引き付けるのでしょうか?

 

 きっと、婦人公論が「女の三界に家なし」をまさしく体現している雑誌だからだと思います。

 

 井川遥のVERYでは全く現実味がない、ヨンアのOggiはとうに卒業した、かといって今晩のおかずを充実させるオレンジページの気分でもない。

 

 この行き場のない感情のモヤモヤをどうしてくれよう!

 

 という時に必要な雑誌がまさに「婦人公論」なのではないでしょうか?

 

 私がこれだけ婦人公論が好きなのにも関わらず、現実社会で婦人公論好きの方にお会いしたことはありません。

木村

 婦人公論好きな方はどこにお見えなのでしょう。

 

 一度、婦人公論好きな方と語り合いたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

親戚の可能性

2014年8月26日

今年の夏は、一段と雨の多い季節ですね。真夏のカラッとした天気が恋しく感じます

 

お盆では祖母の家へ母と行ってきました。

祖母の家は、真冬になると本当に本当に寒くて家の中でも息が常に白い状況です。

雪はそんなに多くないと聞きますが、芯が冷える寒さですので、大掃除等はGWとお盆に行います!

逆に夏の季節では、名古屋と違い涼しくてとても快適(^^)

お客様も見えるということでしたので、親族でせっせと掃除を行いました

 

そしてお見えになったお客様が、なんと祖母の従兄弟さん!

私は初めてお会いしました。

喜寿も迎えて、年を重ねても従兄弟と交流があるのは素敵ですね。

普段は東京にお住まいだけど、本家のある岐阜に帰ってみえたそうです

さらに、お孫さんも一緒にお連れでして・・・つまり

祖母の従兄弟の孫で

母からすると、又従兄弟の子供

私からすると、「三従兄弟(みいとこ)」と呼ばれる関係の方でした!!

なんと遠い親戚でしょう。「三従兄弟」という言葉も分からずgoogle先生に助けてもらいましたが

こんな遠い方も、血が繋がっていると思うととても不思議です

 

たまたま今回はお会いすることができてとても幸運でしたが

自分も知らない親戚の方が他にも沢山居ることでしょう

もしかしたら、お互い気付いてない可能性もあるかもしれません。

海外の人とだって、もしかして血が繋がっているかも。

 

そんなことをふと思ったとき、つい先日テレビで拝見した 女優 原ひさ子さんの最期の手記を思い出しました

人は皆兄弟。よく聞くフレーズですが、心に残りました。

テレビより引用で失礼致します。

橋本

地球は一ツ

お月さまも一ツ

人は皆兄弟だよ

皆同じ空気を吸って生きているんだ

 

もう戦争なんてしちゃいけない

戦争なんてしちゃあいけないよ

 

原 ひさこ

金剛石も磨かずば

2014年8月18日

お盆休みも終わり、本日よりわかくさ総合事務所も平常運転でございます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、お盆は親族でご飯を食べると決まっております。

東京等の地方で仕事をしている従兄弟達も

お盆は帰省し、久しぶりに元気な顔を見せてくれました。

さて、

お盆と言えば、ご先祖様の霊があの世からこの世へ里帰りする期間の事

提灯を灯し、宗派によっては迎え火や送り火、キュウリとナスの馬と牛を作ったり

お盆の形は様々。

そして、私は毎年出来るだけ手伝う様にしています。

やることは盆提灯の組立(10分でできます)

そして、仏具の掃除

浄土真宗である実家の仏壇は、黄金に輝いております。

しかし、ロウソクやお線香の煙や煤は一見して綺麗に思えても

かなり付着しています。

そこで使うのは「ピカール」という金属磨き

半田

 

これ、本当にすごいです。

仏具はもちろん、くすんだシルバーアクセサリーもピカピカ

どれもこれも一皮むけます。

餅は餅屋。

目に見える変化がなくても目に見えない汚れはあって

それをそのままにせず定期的に磨かないといけないと思います。

仏具も、私も。

 

一柳葬具總本店様主催「終活」セミナー~9月9日(火)日本ガイシフォーラム~

2014年8月12日

9月9日(火)に日本ガイシフォーラムにて、わかくさのグループ会社である一般社団法人いきいきライフ協会名古屋

及び司法書士法人わかくさ総合事務所が、後見・遺言・財産管理などを軸とした

「老い支度」についてお話させていただくこととなりました。

 

 

8月5日 日進市民会館における「いきいきライフ協会名古屋」の紙芝居形式セミナーにわかりやすいと大きな反響をいただき、

このたびの9月9日(火)日本ガイシフォーラムで開催する「終活」セミナーも同内容にて行わさせていただくことになりました。

しかし 主催者様もさることながら、
後援が朝日新聞社広告局様、会場が日本ガイシフォーラム(旧レインボーホール)ですからね。
背筋がピンとしてしまいますね。

 

 

日時:平成26年9月9日(火)

時間:開場12:00 開演12:30~(終了予定16:30)

場所:日本ガイシフォーラム(名古屋市南区東又兵ヱ町5-1-16・TEL052-614-3111)

タイトル:「自分らしく人生のフィナーレを迎えるために」

(第1部 ㈱一柳葬具總本店様)

”お葬式の流れ”~死の告知から初七日法要まで~

(第2部 税理士法人T&L様)

”事前にトラブルを回避できる各種手続き”「葬儀後に待っている意外な宿題」

(第3部 ㈳いきいきライフ協会名古屋)

”「自分」と「財産」を守る。後見制度の活用法!”~自分の老後は自分で守る!~

主催:一柳葬具總本店様

後援:朝日新聞社広告局様

定員:40名

応募方法:朝日新聞名古屋本社広告部「葬儀・相続セミナー」係様(〒460-8488 住所不要)へ

住所・氏名・年齢・電話番号・参加希望人数などを明記のうえ、お申込みください。

当選者には招待状が送られます。

 

(くわしくはこちらをご確認ください)→「終活」セミナー

※今週月曜日(8月11日)より朝日新聞(名古屋版)でも、本セミナーの掲載がされております。

 

 

また、わかくさ総合事務所およびいきいきライフ協会名古屋が発行している

「遺言書作成のすすめ」朽木

「遺産相続ガイドブック」

「いきいきライフサポート」

「身元保証ガイドBOOK」

などなど

 

たくさんのお役立ちパンフレットも無償配布する予定です。

 

 

是非、お申し込みください。

 

夏季休暇のお知らせ

2014年8月11日

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

司法書士法人わかくさ総合事務所、平成26年度の「夏季休暇のお知らせ」をさせて頂きます。

誠に勝手ながら、夏季休暇を下記のとおりとさせていただきます。

8月13日(水)休み
8月14日(木)休み
8月15日(金)休み
平松
なお、8月16日(土)・8月17日(日)のご相談、お問い合わせにつきましても
「休み」とさせていただきます。

8月18(月)より通常通り営業いたします。

休暇期間中は、電話でのお問い合わせもお休みさせて頂きますので、
お問い合わせは、
Webお問い合わせフォーム、メールまたはFAXでいただけますと幸いです。

※休暇期間中におきましても、サーバ監視は24時間行っております。
※休暇期間中に頂きましたメール・FAXへのご返答は、
8月18日以降に順次行ってまいります。

期間中ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解下さいますよう
よろしくお願い申し上げます。

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742