梅雨入り

2013年5月31日

こんにちは、名古屋事務所の長谷川です。

 

平年より11日も早く東海地方も梅雨入りしましたね。

 

ここ最近はどうも蒸し暑いですね。

 

髪はウネウネ、洗濯物は乾かない・・

まったり家のお風呂で溜まった水分や老廃物を出して血行促進するのが最近好きな時間です。

 

梅雨はいや~な時期なのですが、

そんな時期だからこそ!と2週間後に家族での台湾旅行を決行することになりました。

 

結婚2年目に入り、旦那さんと義両親、義弟との5人で3泊4日。

 

 

こんな機会はなかなか無いので、ガイドブックやブログをチェックして計画を立てている昨今ですが

 密かにお義母さんと二人でエステやマッサージに行こうかなぁとたくらんでいます。

 

最初はどきどきでしたが、長谷川

調べるにつれて徐々にテンションも上がってきてめちゃめちゃ楽しみです。

台風だけは来ないでほしい。

 

この季節の台湾は果物が最高!暑くても雨が降ってもマンゴーとライチ最高♪

との情報なのでその意気込みでリフレッシュしに行ってきます。

中京競馬場にて

2013年5月29日

こんにちは。

 

わかくさ事務所の木村です。

 

先日、中京競馬場に初めて行ってきました。

 

(今まで近所に住んでいたにも関わらず、一度も行った事がありませんでした。)

 

私は賭けごとをしない主義なのですが、あのM‐1グランプリを制した中川家が中京競馬

 

場にやって来るということで、やむを得ず行ってきました。

 

実は、前日から歓声の練習もバッチリ行いました。

 

歓声の練習の成果で、中川家の弟・礼二と目が合う人生最高のプレゼントも頂けました。

 

残念ながら、お兄ちゃんの方とは目は合いませんでした。

 

最高に幸せな時間を過ごしたのですが、とてもビックリした出来事があります。

 

それは、競馬場にみえた方の集中力です。

 

皆さま、床に座り競馬新聞を読みこんでいらっしゃるのです。

 

昼食も立って召し上がっています。

 

司法書士試験の会場でも、あのような方はお見かけしません。

 

そして、中川家のトークショーの合間であっても次のレースの馬券を購入しに行かれるの

 

です。

 

大スターの中川家の事などそっちのけです。

 

私もあのように夢中になれるものが欲しいです!!!

 

司法書士試験を受験していた頃の情熱が今ありません。

 

あの頃は、何故一生懸命だったのでしょうか?木村

 

現在、情熱を燃やせるものを探しています。

 

賭けごと以外で根気よく探してみたいと思います。

本の虫

2013年5月28日

最近なかなか時間が取れず、本を読む機会が少なかったので・・

やってしまいました「衝動買い」。

 

ストレスが溜ると、本屋さんで5~6冊平気で購入し、しかもハードカバーだろうが

上下巻だろうが、わんさと買ってしまうため、自室の本棚が大変なことになるのもしばしば。

某書店のポイントがちっともたまらないポイントカードも大活躍です。

 

最近のお気に入りはビジネス書や新書。

毎日、行きの電車で3冊くらい回し読みして、帰りはその中の一冊をじっくり読むのが息抜きとなっております。

ビジネス書はやっぱり男性(会社役員の方)が書かれたものが、読みやすく、実践しやすく、

気になるとすぐに買ってしまいます。

そしてどれも一貫して書かれているのが、「仕事が出来ればできるほど、謙虚であり、人間力が高い」つまり「人に好かれる人物」だということです。

確かに、日曜日にやっている「がっちり!」なあの番組に出てくるビジネスリーダーは往々にして、

人間力が高く、目的意識も高い方ですよね。

今の日本では、他を淘汰して実力でのし上がるよりも、

他を上手く回す主軸の方がリーダーとして必要とされているのかもしれません。

 

そして、そういう方が身近にいると本当に安心し、その方を心から尊敬できることを最近実感しました。

力になりたいと努力するのは、やはりその方の「人間力」にやられている証拠なのでしょうね。

 

この事務所で学ぶことは山ほどあり、まだまだ修行の身なのですが、

慌ただしい中にもいろんな発見があり充実しております。

 

さて話は変わりますが、今週末に「展覧会」へ行ってきます。

先々月に「メンタルヘルスマネジメント検定」という試験を受け、

時間が余ったので近くの美術館に行ったのですが、常設展しかやっておらず・・半田

展示の予告をしていた上村松園の絵画に一目ぼれをして、前売り券を買ってしまいました。

 

週末はのんびり美術に触れてきます。

西日本も徐々に梅雨入りし、しばらくは雨と仲良しな季節となりますね。

外に出るのが億劫な日は、自宅でゆっくり本を読んだり、充実した時間を過ごしたいと思います。

限定承認の実務

2013年5月23日

今回は「限定承認の実務」についてお伝えいたします。

「限定承認とは」については以前のブログに書かせていただきました。


限定承認を選択するか否かについては、
まず相続財産の状態やその価格によって決まりますが、
実務上は選択の可否が非常に複雑なところがあります。

 

実務上問題となるのが、やはり「費用と税金」です。


費用が高ければ、相続財産の価格によっては選択しない方がいいケースがありますし、
税金が多くかかるのであれば、これもやはり選択しない方がいいことがあります。

被相続人の財産の種類や相続人の人数によっても選択すべきか異なることがあります。

 

また、法律構成や手続きも非常に煩雑なので、
我々専門家に聞かないと選択ができないのが現状です。

 

更にその専門家ですら、おこなっている事務所はほとんどなく、
インターネット等でよく限定承認について書かれていることは、
制度についてばかりです。朽木

 

しかし、限定承認を実務で多くおこなっている当事務所からすれば、
限定承認は非常にいい制度だと感じてなりません。


相続の選択は、「単純承認」と「相続放棄」のみではありません。
「限定承認」もあります。


限定承認について、ご検討されている方は一度ご相談にお越しください。

神社挙式

2013年5月20日

最近急に暑くなり、夏日が続いておりますね。
体調の変化にはお気をつけ下さい!


さて、この前の土曜日。父方の従兄弟の結婚式でした。
天気にも恵まれ、二人の門出をお祝いするにとても良い一日でした。
そして今回私は、参列者ではなくカメラマンとして撮影してました!
父がカメラマンということもあり、たまにお店の撮影も手伝ってはいたのですが
結婚式の撮影は初めてで、あたふたしてました


とはいえ、式場専属のカメラマンの方も居ましたので、普段撮ってくれないような
スナップ撮影中心でやってました
式は神前式で、私自身も始めてみる神社挙式でした。
白無垢姿の花嫁さんはとても美しく、和装の似合うお方でした。
従兄弟の方も和装姿がカッコよく決まっていて、いい男ぶり。
和装の似合う人は素敵だな、とつくづく感じました!


会館(待合などをした建物)から、巫女さん新郎新婦、親族があるいて
御宮まで行き、そこから式を始めるという道中がありまして
昔の自宅から御宮へ行っていた形を取っているのかな、と。
↓顔が解りにくいもの のみUP

s.y-08.jpg
s.y-06.jpg
s.y-05.jpg

神社挙式と教会挙式の大きく違う点は、静謐さだと思います
教会の方は華やかに、賑やかさがありますが
神社挙式は、式の最中は司会の方以外静かに進行します。


華やかさと、厳かさ。


どっちの式も素敵ですね。
そして、親族同士のつながりを強く感じた式でした。
まさかの親族の自己紹介も、式の最中に行うとは思ってなかったので驚きです!
 これも「日本の伝統挙式」なのでしょうね。


好きな方を選んで挙式が出来るというのは、日本の美点ですね!

橋本


宗教色が無いとよく言われてしまいますが
なんたって八百万の神ですから。


独特な「おおらかさ」も美徳で残していきたいです

 

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742