女子会2013~春~

2013年4月22日

出会いと別れが交錯して

 

わくわくするけどちょっぴり淋しい春

 

そんな春真っ盛りの昼下がり

 

今年も開催致しました!

 

「わかくさ女子会2013~春~」

 

名古屋事務所と岡崎事務所の女性社員が

 

親睦を深めるようにと定期的に企画されているという女子会

 

今回は、しばしお別れをする私の大先輩の送別会を兼ねて

 

風情のある古民家レストランでのランチを楽しみました。

 

普段なかなか顔を合わせてお話する機会のない岡崎事務所の先輩方と

 

退社をされてからしばらくお会いしていなかった先輩との久しぶりの会話

 

そして、普段なかなか外で会う機会のない名古屋事務所のメンバーとも

 

じっくりお話ができる貴重な時間を過ごしました。

 

お食事は、オリエンタルな香りが漂う創作フレンチので

 

前菜のイカのタルタル

キャベツのポタージュ

ライムを器に見立てたイベリコ豚

エビの香ばしい香りが食欲をそそるドライカレー

 

家では絶対に作れないお料理の数々に、途中から写真を取るのも忘れ

 

て食べていた私・・。

 

そして、お話の内容も日常会話から、

 

私の婚期?についてのアドバイスもいただき(笑)

 

最後には、自然と仕事の話へ・・。

 

皆さんの考え方や業務のアドバイスを頂き

 

一人一人がお客様や事務所の事を本当に大切に考えているんだと改めて実感しました

 

私も、まだまだ未熟者で、自分の未熟さを痛感する度に

 

「向いてないのでは」と落ち込みます

 

でも、それでも「お客様に寄り添い、満足して頂ける様に努力したい」

 

と思うのです。

 

そんな初心を思いだしつつ、お店の方に「そろそろクローズです・・・」

 

と言われるまで、話し込みました。

 

そして、名古屋事務所でお世話になっていた大先輩ともしばらくのお別れ

 

私達の女子会の間、息子さんが潮干狩りにいっているというお話を聞きました。

 

取った貝を一晩砂出ししていただくそうです。

 半田

私も、久しぶりのゆったりとした時間で、貝と同じように砂出しできたと感じました。

 

女子も貝も砂出しが肝心!

 

そうやって、自分も他者も仕事も大切にしながら

 

私はその先輩との再会を心待ちにしたいと思います。

将棋⑤「将棋フォーカス」

2013年4月18日

最近は将棋フォーカスを毎週見ています。

※将棋フォーカスとは毎週日曜日にNHKで放送されている将棋番組です。

 

最初の30分は将棋講座で、あとの1時間はプロ棋士の対局を行っていて、

以前はプロ棋士の対局を毎回見ていたのですが、最近は将棋講座にはまっています。

 

 

将棋講座では、タレントのつるの剛士さんと岩崎ひろみさんが司会を行っており、

今ではお二人のファンになってしまいました。

 

特に岩崎弘美さんは将棋をメキメキ覚えていっている姿が印象的です。

 

 

また講師の先生(プロ棋士)も大変わかりやすく解説していただいているので、

私も大変参考にさせていただいています。

っというよりほぼ解説通りに毎回指しています。

 

 

私が将棋をするのは、通常は携帯電話でコンピュータと対戦をしているのですが、

最近通信対戦ができることを知り、毎月315円を支払って対局しています。

 

 

通信対戦では私の弱さがわかり、すごくショックを受けることもしばしばあります。

 

 

そこで解説通りに対局すると途中まではいい感じにいくことが多くなりました。

さすがプロの解説だなぁと思います。

 朽木

将棋のレベルアップは指しまくることが重要と言われていますが、

プロ棋士の方の多くは本を出版しており、本でレベルアップをすることもあります。

 

 

しかし、本ではなかなかよくわからないのが、実感ですが、

将棋フォーカスは大盤の駒を使い、テレビで解説してもらうので大変役立ちます。

 

今後も将棋フォーカスは欠かさず見たいと思います。

手料理のあたたかさ

2013年4月16日

 

手料理の温かさ
今日は本当に天気が良くて、夏も近くに感じる日ですね。
洗濯日和!
・・干すのを忘れて、家を出てしまいました。こんないい天気なのに勿体ない;;
そして、時間が経つのは本当に早いもので、一人暮らし生活も6年目に突入致しました。
家事も全て自分でやっているのですが
中でも料理は、最近混ぜるだけの料理や、レンジでチンで簡単にできるものがあるので
1番手抜きしてしまうところです。
掃除や洗濯は、そこまで負担には思わないのですが
自分ひとりの為にご飯を作るのもなぁ。。。と仕事で疲れた後に作るのも面倒となり
手軽に済ませてしまうことが多いこのごろ。
つい先日、友人の家に招待された時に女性ばかりで集まっていたのですが
お腹が空いてきたので、と料理好きの子が腕をふるってくれました。
手早くできるイタリアン(パスタとピザ)とは言ってましたが
和風だしを使ったパスタと、生地から作ったピザはもう絶品!!
その後も、クッキーやケーキを作ってもらい、お腹いっぱいに頂きました。
久しく感じてなかった家庭料理が本当に美味しく感じて
やっぱり手料理っていいな、と改めて思いました。
手料理には気持がいっぱい詰まってます
そして皆で食べることで更に美味しく^^
「一家団欒」という言葉が頭にぽっと浮かびました
気になったので「一家団欒」を調べてみたら
一家団欒の「一家(いっか)」とは家族全員のことであり、
「団欒(だんらん)」とは車座に集まって、なごやかに楽しむことである。
日本では一般的に、皆揃って「頂きます」と言い食事を始め、「ご馳走様でした」と言い食事を終えるが、
このような様(さま)を言う。  by Wikipedia
ということでした。
集まったのは家族では無いですが、手料理を一緒に食べると家族のような感じするのも
うなずけます。
人とのつながりに、”料理”は大きい力を持つとしみじみと感じました。
料理をするのが楽しいといえるように
ポジティブに考えたいと思います

 

 

 

今日は本当に天気が良くて、夏も近くに感じる日ですね。

洗濯日和!

・・干すのを忘れて、家を出てしまいました。こんないい天気なのに勿体ない;;

そして、時間が経つのは本当に早いもので、一人暮らし生活も6年目に突入致しました。

 

家事も全て自分でやっているのですが

中でも料理は、最近混ぜるだけの料理や、レンジでチンで簡単にできるものがあるので

1番手抜きしてしまうところです。

掃除や洗濯は、そこまで負担には思わないのですが

自分ひとりの為にご飯を作るのもなぁ。。。と仕事で疲れた後に作るのも面倒となり

手軽に済ませてしまうことが多いこのごろ。

 

つい先日、友人の家に招待された時に女性ばかりで集まっていたのですが

お腹が空いてきたので、と料理好きの子が腕をふるってくれました。

手早くできるイタリアン(パスタとピザ)とは言ってましたが

和風だしを使ったパスタと、生地から作ったピザはもう絶品!!

その後も、クッキーやケーキを作ってもらい、お腹いっぱいに頂きました。

 

久しく感じてなかった家庭料理が本当に美味しく感じて

やっぱり手料理っていいな、と改めて思いました。

 

手料理には気持がいっぱい詰まってます

そして皆で食べることで更に美味しく^^

 

「一家団欒」という言葉が頭にぽっと浮かびました

気になったので「一家団欒」を調べてみたら

一家団欒の「一家(いっか)」とは家族全員のことであり、

「団欒(だんらん)」とは車座に集まって、なごやかに楽しむことである。

日本では一般的に、皆揃って「頂きます」と言い食事を始め、「ご馳走様でした」と言い食事を終えるが、

このような様(さま)を言う。 by Wikipedia

 

ということでした。

集まったのは家族では無いですが、手料理を一緒に食べると家族のような感じするのも

うなずけます。

人とのつながりに、”料理”は大きい力を持つとしみじみと感じました。

橋本


 

 

料理をするのが楽しいといえるように

ポジティブに考えたいと思います

新たな気持ちで

2013年4月10日

春の嵐のおかげですっかり桜も散ってしましましたね。
子供たちもそれぞれ新生活をスタートさせ、ほっとしている加藤です。

1月、4月個人的には好きな月です。
1月は、新たな年を迎える月。
4月は、新たな年度を迎える月。
ということで、気持ちを切り替えて新しい自分をスタートできる気がして!

最近よく思うことが、「普通」ってなんだろう?ってことです。
「普通さ~」「常識だよね!」
この言葉、普段何気なくよく口にしていますが、
「普通」これは、私にとっては普通かもしれませんが、
他の人からしたら、普通ではないかもしれないのです。
「常識」もそうだと思います。
自分が常識と思っていることが、他の人からしたら常識ではないかもしれないのです。

考えてみたら、人それぞれ性格、育った環境が違うのですから加藤
「常識」と言われるものが違うのは当然のことですよね。
そう思うと、もっといろんな人の意見や言葉に耳を傾けなくては
と思います。

ということで、阿川佐和子さんの「聞く力」という本を買ってみました。
「聞く」って簡単そうでなかなか難しいですよね。
当たり前ですが、相手が、話してくれなければ聞けれないのですから。
ようするに、私にこの話きいてもらいたいと相手が思わなければ
語ってもらえないわけで…。
まだ、もくじをざっとみただけですが、少しでも「聞く力」を身に付け
日々の仕事や生活にとりいれたいと思います!

 

孫への『教育資金』贈与

2013年4月 9日

平成25年度税制改正により、祖父母が孫に渡す『教育資金』の贈与税が1500万円まで
非課税にされる制度が創設されることになりました。

幼い子どもを抱えるママたちの間でも、ただ今話題沸騰です!!
若い世代に資産を移転し、消費を活発にするのが狙いだとか。

祖父母が金融機関に孫名義で口座を作り、『教育資金』を一括贈与します。
そのうえで、金融機関が領収書を保管して使途をチェックする、というシステムが採られるとのこと。

信託銀行のHPをチェックしたところ、軒並み大きく『教育資金』贈与の新商品が
掲載されていました。

塾など学校以外の教育機関に支払う場合も、500万円を上限として非課税となるということで、
学習塾の株価が軒並み上昇した、とニュースで報じられましたね。

500万円・・・大金ですが、よくよく計算してみると、習い事にそれぐらい簡単に使えてしまう
事がわかります。

例えば、習い事人気ランキング上位に必ず入る「英会話」。
小学1年生から始めて高校卒業まで続けたとします。

(6年+3年+3年)×12か月×月謝8,000円=115万2,000円!

この中には、入会金や教材費は入っていません。
さらに子どもが2人3人と居て、お稽古事を2つ3つと増やせば、この何倍にもなるわけです。
大河内
なかなか気が遠くなる話ですね~!

この国の先行き不透明感に苛まれ、子ども達の将来を不安に思う親が多いせいでしょう。
長引く不況下であっても、習いごとや学習塾にはお金をかける、と言われます。

かわいい孫のためなら、そして若い世代が少しでも楽になるのなら、と
大切なお金を出してくれる、おじいちゃん・おばあちゃんもいらっしゃることでしょう。

こちら、25年4月から27年末までの時限措置だそうです。

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742