遺言の種類

2012年10月30日

遺言には大きく分けると、自筆証書遺言と公正証書遺言という2種類があります。

自筆証書遺言とは最初から最後まで自分の手で書き記す遺言のことです。
パソコン等の機器による作成や代筆は不可ですので、
自筆証書遺言を残そうと思ったらある程度の労力が必要となります。
その他にもいくつかの法的要件が求められており、
遺言を有効なものとして残しておくには非常にハードルが高いものと言えます。

公正証書遺言とは簡単に言うと公証人の協力を得ながら作成する遺言のことです。
長年、法律実務に携わってきた専門家である公証人に相談、助言を頂きながら、
自分の意思に基づいた遺言を作成していきます。

片岡


公証人の力を借りる分、費用はかかりますが、
自筆証書遺言のように遺言書に不備が出て無効になったり、
何者かによって遺言書が破棄されたり改ざんされる心配もありません。
以前にもご紹介しましたが、遺言検索システムの利用により、
いざというときには遺言書の有無から調査することも可能です。
安全確実な方法で作成されるのが公正証書遺言の特徴です。

ご事情によっては自筆証書遺言が望ましい場合もありますが、
上記のメリットデメリットを総合的に判断した上で、
当事務所では遺言を検討されているお客様には公正証書遺言をお勧めしております。
遺言に関するご相談は、実績豊富な当事務所まで。 

 

10月の出来事

2012年10月26日

こんにちは、名古屋事務所の長谷川です。

今月は私的に女子サッカーで大盛り上がりした一カ月でした。

 

13日、瑞穂陸上競技場にて行われた

【なでしこリーグ2012 伊賀フットボールクラブくノ一v.sINAC神戸レオネッサ】

の試合観戦に両親と旦那さんと私で行きました。

 

12時30分キックオフの予定だったのですが、

母のみ友人と9時半頃から場所取りで並ぶということで、

内心(そんな早く並ばなくても席は空いているんじゃ・・)

と思っていたのですが、交通機関を使って現地へ向かうと人、人、人~!

 

少しビビりながら、競技場へ着くとほとんど人で埋め尽くされていました。

当日の入場者数は14000人超えとなったそうです。

 

そして、試合開始10分ほど経過したところで沢選手がダイビングヘッドゴール!

近くで沢選手のゴールを見て大盛り上がりしていました。

 

沢選手の親友でロンドン五輪レスリング金メダリストの吉田沙保里選手が観客席で観戦していたそうです。

 

 

そして21日には、またまた両親を旦那さんと日帰り弾丸ツアーで東京まで

妹の試合を観に行きました。

 

19時キックオフで妹に内緒で行ったのですが、キックオフ直前にまさか気付かれました!(笑)

その時の妹の驚いた顔はUPでビデオにばっちり収めましたよ)^o^(

 

そんなことで、今後も女子サッカーの盛り上がりに注目です!

 

話は変わりますが、名古屋事務所の北島さんの送別会が行われます。

 

いつも明るく優しく素敵な北島さん、ありがとうございました。

また戻ってきて下さい。

写真は事務所の皆からのメッセージカードとお花です。

喜んでもらえるとイイナ☆長谷川  お花.png

 

 

 

 

 

 

 

 

商業登記のサイン証明

2012年10月25日

商業登記において、
法務局へ印鑑証明書の添付を求められるケースの、
最たる例は、代表取締役をはじめとする役員変更の場面です。

日本人であれば、
いや、正確にいえば、日本に住民登録のある方であれば、
印鑑証明書を作ることができるので、
実印をもって押印をした書類に印鑑証明書を添付するのですが、
印鑑証明を取得できない外国人の方は、
議事録や就任承諾書に署名をし、
その署名が本人のものであることについての本国官憲の作成した証明書
を添付することになります。
これを我々は「サイン証明」といってしまうのです。

その「サイン証明」について、
不動産登記においては、実印を求められるケースで、
当該委任状等の書類にする署名は、
本国官憲の面前で行い、そのサイン証明を委任状等書類に合綴し、
割印等をしてもらって、提出をすることが原則とされます。
(こうしないと、その委任状等にされた署名を、
間違いなくこの人の署名である。といえない気がしますので納得はできますが。
実際、証明書の文面も「本職の面前で署名をしました」というものになりますので。)


では、商業登記において、
不動産登記と同じように、就任承諾書(議事録等)に
サイン証明を合綴したものを提出しないと不適格とされてしまうのでしょうか。

登記先例によると、
本国官憲の署名証明書は、議事録に奥書証明(直接照明)をする方法のほか、
議事録の署名と当該署名証明の対象である署名との間の同一性を登記官おいて
確認することができる限り、別に証明書として作成されたものでも差し支えないものと解される。
(平15・6・30民商第1870号回答、登記研究669号198頁参照)

とすると、不動産登記のように、
就任承諾書(議事録等)に署名をするのは、
本国官憲の面前でなくてもよく、平松
サイン証明書をもらってきて、その署名と同一の…
(って、同一のサインなんてできっこないじゃん!
とか考えてしまうのが、サインをするという文化になれていない日本人の
考えなのでしょうか。)

話を元へ戻して、
同一性のある署名をし、
その就任承諾書とサイン証明を添付し登記を申請することになります。

実際、最近このようなケースでの登記申請をさせていただきまして、
法務局に確認をとり、無事に完了しました。

今日は、我がわかくさの備忘録も兼ねて、
商業登記におけるサイン証明の取扱いについてのお話でした。

 

求人活動

2012年10月22日

前回のブログからお伝えしているとおり、
現在、司法書士法人わかくさ総合事務所では
一緒に働いてくださる方を募集しております。

今回もこれまでたくさんのご応募をいただき、面接をさせていただきました。
採用活動については私がすべて書類選考・面接による選考を担当しております。

そして、この求人・採用活動を通じて最近素直に感じていることがあります。

自分で採否を決めている私が言うのは少々おかしいですが、
それは運・巡りあわせ・タイミング・希望条件などの、
「その方の純粋な力量以外の要素」が採用には非常に大きく影響するということです。

採用のハードルを以前に比べて若干厳しくしているのかもしれませんが、
このことを強く感じています。田中


それらをすべて含めた上で採用にいたる方がおられます。
これがご縁というやつでしょうか。


縁あってこのわかくさ事務所で一緒に働いてくださる方々が
今後事務所のために頑張ってくれることを期待しています。

まだ採用活動は継続中であり、若干名の募集をしておりますので、
わかくさで働いてみたいと思ってくださる方のご応募をお待ちしております!

相続分譲渡

2012年10月18日


相続が発生した後、相続人間で話し合いをして遺産を分ける方法を
遺産分割協議といい、それを書面にしたものを遺産分割協議書といいます。

遺産分割協議書があれば、不動産名義変更等を行うことができますが、
別の方法もあります。


それは相続分を譲渡するという方法です。

相続人には相続分が定められており、その相続分を有償又は無償で
他の相続人に譲渡することができます。


有償であると遺産分割方法の代償分割というものに近く、
無償であると相続放棄や遺産分割で遺産を貰わないというものに近いです。
※しかし債務までは放棄できるものではなく、債務まで放棄するには相続放棄が必要となります。

 

相続分譲渡は、民法上には規定がなく、解釈上認められているものとなります。


(相続分の取戻権)
第905条
共同相続人の一人が遺産の分割前にその相続分を第三者に譲り渡したときは、
他の共同相続人は、その価額及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができる。


上記の規定は、相続分を第三者に譲渡したら、第三者から取り戻せるという規定ですが、
相続分を第三者に譲渡することが認められているという解釈になり、
第三者に譲渡できるならば、相続人の間でも譲渡は可能であるという解釈です。

 

相続分譲渡は有効な方法で、遺産分割とは違い、
相続人全員で行わなければならないわけではなく、
譲渡人と譲受人との間で契約として成立します。


たとえばABCDEという5人の相続人がいて、
不動産をAにしたいという場合にAとEは折り合いが悪いというケースで、
遺産分割をするとEの印鑑がない限り、全く争いないBCDも必ず当事者となりますが、
相続分譲渡をAがBCDから受けていれば、BCDは当事者とはならず、
A持分5分の4、E持分5分の1となり、手続を進めていくこととなります。


相続分譲渡は上記のようなケースや相続人がたくさんいるケース、
または、相続人が遠方にいるケースなどによく使う方法です。

朽木
しかし、相続関係によっては不動産の名義変更費用(登録免許税)が多額になることもあり、
単純に相続分譲渡をしてしまうと、返って不都合が生じることもあり、注意が必要です。


また、銀行の預貯金の払い戻し手続きには、銀行として相続分譲渡の書類では、
認められていないことも多く、遺産分割の方が手続が簡単だったりもします。

 

上記のように相続分譲渡は使い方次第で大きく変わりますので、
相続を専門で行っているような司法書士や行政書士に内容を聞いてから
手続を行っていった方が無難であると思います。

1  2  3
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742