平成23年12月1日最高裁判決

2012年1月30日

≪判決要旨≫

リボルビング方式の貸付けについて、貸金業者が17条書面として交付する書面に
確定的な返済期間、返済金額等の記載に準ずる記載をしない場合は、
平成17年判決の言渡し日以前であっても、
当該貸金業者が制限超過部分の受領につき貸金業法43条1項の適用があるとの認識を有することに平成19年判決の判示する特段の事情があるということはできず、
当該貸金業者は、法律上の原因がないことを知りながら過払金を取得した者、
すなわち民法704条の「悪意の受益者」であると推定されるものというべきである。
 

 

≪判決の考察≫

悪意の受益者(法律上の原因が無いことを知っていて利得を受けている者)に関する最高裁判決です。
この判決の前提として平成17年12月15日最高裁判決がありますので、
簡単にそちらから解説します。


当時も今も、ほとんどの消費者金融はリボルビング契約による貸付けを行なっています。
上限を決めて、毎月最低限の返済を条件に、借りたり返したりできる契約です。
このリボルビング方式による貸付けの場合、17条書面(貸付けごとに借主に交付すべき書面)に、
「返済期間及び返済回数」及び各回の「返済金額」として、
残元利金についての最低返済額及び経過利息を返済する場合の返済期間、
返済回数及び各回の返済金額を記載しなければみなし弁済は成立しない
と判示しました。

また、これら17条1項所定の事項について確定的な記載が不可能な場合も、
それに準じた事項を記載すべきである旨も判示しております。

この判決の登場をもって、これらの記載の無い17条書面では、
みなし弁済の要件の1つを満たさなくなり、結果、みなし弁済は成立しないことになりました。
と、ここまでが前提。
本当は平成18年1月13日最高裁判決や平成21年7月10日最高裁判決も絡んでくるですが、
ややこしくなりすぎるので割愛します。



さて、今回の平成23年12月1日判決。
上記17条書面に確定的な記載も、これに準ずる記載もしていなかったCFJが相手です。

CFJは平成17年の上記判決が出るまでは、そんなのハッキリしていなかったわけだから、
この判決の言渡し日までの取引については、
悪意(法律上の原因が無いことを知っていて)で過払い利息を受け取っていたわけではなく、
受け取っていたことには平成19年7月13日最高裁判決の判示する「特段の事情」があると言える、
と主張していたわけです。

しかし、最高裁の出した答えは「NO!」でした。
たとえ平成17年判決の言渡し前でも特段の事情があるとは言うことはできない、と。


平成16年9月までのCFJが借主に対して交付していた17条書面には、
次回の最低返済額とその返済期日の記載があるにとどまり、
平成16年10月以降に所定の事項に準ずる記載がされるようになった。

そして、この事案では、平成16年10月以前にすでに過払いの状態にあり、
それ以降にキッチリしていると認められるような17条書面の記載があったとしても、
10月以前に受け取っていた過払金につき悪意である以上、
それ以降に発生した過払金についても悪意であることを否定できないということになります。


なお、同日に同じ第一小法廷においてプロミスに対する最高裁判決も出ており、
プロミスが確定的な返済期間・返済金額等の記載を始めたのは、
平成14年10月と認定。


更にそれから2週間後、平成23年12月15日の最高裁判決において、
アコムが確定的な返済期間・返済金額等の記載を始めたのは、
平成13年11月と認定されました。
これもまた第一小法廷。


これら一連の最高裁判決は、
認定された時期に過払いの状態にあれば
問答無用で悪意の受益者になる
というだけであって、
認定時期に過払い状態でなかったからといって
消費者金融業者が当然に善意であるというわけではありません。

ただ、この点は、これらの判決を逆手にとって争ってくるでしょうな。
現にわかくさの案件でも、アイフルが裁判で主張してきていますしね。

     対CFJの判決文はこちら →  平成23年12月1日最高裁判決.pdf (PDF)

会社設立と資本金

2012年1月27日

平成24年が始まったばかりなのに、
もう1月が終わろうとしています。

本当に時が過ぎるのは早いものです。


2月や3月になれば、多くの会社が決算ですので、
その準備等で忙しくなることと思います。


会社の決算は会社法上は、いつでもよいことになっていますが、
多くの会社が4月1日から3月31日までを事業年度として定めていることが多いので、
会社設立の依頼者の方は3月末日を決算にするケースが今でも多いです。


会社を設立するときは、多くの事柄を決めなければなりません。
例えば、「会社の商号」「会社の目的」「本店所在地」「資本金の額」
などがあります。


では、資本金の額は今の法律では、いくら以上でなければならないでしょうか?


答えは「1円以上」です。

 

今は、かつての商法と違い、資本金の額に制限はありません。

資本金とは、いったいどのようなものなのでしょうか?


細かい定義や論点はおいておいて、

「事業活動のために用意された金銭」のことを言います。


文字通り最初は、この資本金で事業を活動することになります。

 

では、会社を設立するときに資本金100万円と定めた場合、
それだけでは足りません。

法務局に100万円の存在と資本金として払い込んだことを証明しなければならないのです。


一番の証明方法は「通帳」です。
法人の設立前に法人の通帳を作ることは不可能なので、
これは、個人の通帳でOKです。

ただ、通帳に100万円が入っていればいいというわけではありません。朽木


きちんと払い込んだことを証明しなければならないため、
少しばかばかしいですが、一度100万円を払い出して、
もう一度100万円を振り込むという方法で証明します。

 

このように、会社設立というのは一人の「人」が誕生するため、
一事項についてもこのような細かい規定があります。


他にもいろいろな細かい手続きがありますので、
基本的には会社の起業をお考えの方はプロにご相談することをお勧めします。

健康第一!

2012年1月26日

新年が明け、早いものですでに一ヶ月が過ぎようとしていますね。

皆様、本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

新年になると、やる気がみなぎって、

色々な目標を立てたくなりますよね!

私の今年の最優先課題は『健康第一!!』です。

ごく当たり前のことなのですが、

長年、不規則な生活を送ってきた私には、

これがなかなか難しかったりします…

 

何かに熱中すると、体力もないのに無理をしたりと、

メリハリのない生活を送り、体調を崩してしまいます。

頑張りたいことがあるときほど、体が資本であることを痛感します。

 

そこで、まず、基本である『食生活』を変えることにしました。

去年は、3食コンビニにお世話になることも多かった(!!)のですが、

それではどうしても栄養が偏ってしまいます。

毎日の夕食だけは簡単な自炊をするようになりました☆

休日に計画的に買い出しをし、下準備などを済ませておくと、

平日の帰宅後でも時短料理が楽しめます!!

もともと料理は好きなため、仕事後のいい息抜きにもなります☆

 

次に『体力』作り!!

休日は家にこもることが多いため、

懸念される運動不足解消のために、なわとびを購入しました☆

JNF(日本なわとび競技連盟)公認『クリアートビナワ』を買ったのですが、植村

なかなかスタイリッシュでやる気がでる一品です。

なわとびは短時間で有酸素運動ができるらしく、

限られた時間を効率よく使える点が魅力です☆

 

やりたいことを長期的に継続するためにも、

メリハリのついた生活で、

勉強、仕事、休息を充実させたいと思います☆

世界一への決意

2012年1月25日

日本ハムファイターズから、
ポスティングシシテムで移籍を表明した
ダルビッシュ有投手。

あの怪物・松阪投手を超える入札額で海を渡ることになりました。
昨日は札幌に戻りファンの前での最後の挨拶。

今まで封印してきたメジャー挑戦の理由を明かしましたね。
一つ目は、
「日本人の選手の評価がすごく低くなっていて、
日本の野球が下に見られているのが、すごく嫌だった」
たしかに。
野茂投手の鮮烈な活躍以降、
何人かの日本人選手が海を渡るもイチローを除いては、
日本での輝かしい成績には至らず
ここ何年かは日本人選手の評価は下がっているといえるのでしょう。
それを覆すべく、立ち上がったと表明したダルビッシュ投手。

これは、どこの球団のファンとか関係なく、
「日本代表」として応援しなければならない感じがしてきました。

二つ目の理由は、
「僕は勝負がしたい。モチベーションを保つのが難しくなっている」
これは、もう日本では抑えられない打者はいないということなのでしょうか。
これもたしかに。数字を見れば、
日本プロ野球界史上初の5年連続防御率1点台。
これは、5年間平均をすると一試合投げて2点は取られない計算。
ダルビッシュ投手が投げた試合は、
味方は2点取れれば勝てるということ。

またストレートの平均球速は149km/h、
変化球は10種類くらいは投げられる。
ゲームの世界でも、相手の投手がダルビッシュだと、
「今日は負けるな」と思わせるほど。
友人同士の闘いでは『ダルビッシュ禁止令』を出したいくらい(笑)
この実力をもってして、並み居るメジャーの強打者相手に
どれくらいやれるのか!?
これも想像するとワクワクしてきますね。平松

そして、最後は
「世界中の誰もに“No.1のピッチャーはダルビッシュだ”
と言ってもらえるようになりたい」と締めくくった。

国内にいる限りは、相手に回せば
嫌なピッチャーだったが、これからは「日本代表のダルビッシュ」
新たなステージでの今年の彼の活躍を期待してやまない。

他にも今年からメジャーに挑戦する選手もいるし、
これから春になれば、いろんな人が「新たな挑戦」をするんでしょうね。
そんなすべての人の人生が輝いていますように☆

実は私も・・・

2012年1月24日

年明けから話題が絶えない、当事務所のダイエットブームですが。

実は、私も密かにやっています。

 

私の場合は食事制限をするのが大の苦手なので、運動で攻めています。

まず手始めに始めたのはWii Fit。

Wii Fitといえば「バランス年齢」ですよね。

初めて測ったら45歳でした。

普段運動しない人間なので、案の定、実年齢より高い結果が出ましたが、

内心もっとひどいと思っていたので、ややホッとしました。

休み中は、筋トレや有酸素運動などを毎日20分やっていました。

 

が、仕事が始まると家事もやらなきゃならないし、

家のことを全部終えて、そこから運動するというのが非常にハードルが高く、

Wii Fitは早々に断念しました。

そこでいまは、仕事が終わって帰路につく途中、片岡

降りた駅から自宅までの数百メートルをジョギングしながら帰っています。

 

これならやるのを忘れないし、歩くのより早く着くので、

子どもと長くいられる気がして長続きしそうです。

春がくるまで夜道が暗いので、怪我をしない程度に走ろうと思っています!

結果は乞うご期待☆

1  2  3
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742