一年間ありがとうございました

2011年12月28日

また今年も年内最後のblogが私のところへ
回ってまいりました。

昨年同様、今日は事務所の大掃除をしましたので、
そのことから…と思いましたが、
先日の有馬記念で、また名馬が一頭、ターフを去ることになりまして。

と、最後も私らしくそんな話題にしてみたいと思います。

ブエナビスタ(牝 5歳)
馬名の由来は「すばらしい景色、絶景」
父はスペシャルウィーク、母はビワハイジ。
この2頭もさぞ有名ですが、ここにも触れると来年になりそうなので。

2歳のデビューから、引退にいたる5歳の暮れまで、
勝ったG1レースの数は「6」。
これは、JRA史上最多タイの記録。
また、G1レースで二着になった数も「6」。
合計で走ったレースが21なので、その半数以上がG1レースで
1着または2着ということになる。

そんな、稀代の名牝が迎えたラストランは、去る25日の有馬記念。
もちろん、狙うは最多記録のG1・7勝目。
絶好のポジションにつけ、あとは直線で誰よりも先にゴールを切るはずが、
まさかの失速で終わってみれば7着でゴール。
(終わってみれば、デビュー以来21戦、
4着以下でゴールしたことはなく、最後の7着が一番着順が悪いことになった。)

苦い敗戦での引退となったが、
決して、この馬の経歴での汚点ではない。
無事に帰ってきて、来春からお母さんになれる。
これで、
また数年後に「母 ブエナビスタ」として、その力をこどもに受け継いでいってくれる
なんてところが見れるのは楽しみな限り。
また、とんでもなく強く、元気な子供を見せてくれることを楽しみにしてます。

そして、この有馬記念の中継中に印象的なシーンが、
レース前、馬がくるくると歩いてスタートを待つあいだ、
ブエナビスタ一頭が立ち止まり、遠くのほうを眺める姿が大写しになった。
「これが最後のレースとわかっているかのよう」
と実況の方が言っておられたように、
調教師をはじめ、関係者が口を揃えていう「頭のよさ」がこんなところに
あらわれたのか!?
(なんて、真意は誰にも分からないんですが…)
本気で走るブエナビスタとはもうこれでお別れとなると、
なんだか、寂しいような気持ちで見ていた有馬記念だったような。

やはり、馬券を超えたドラマが競馬にはある。
これは、改めて断言します。
平松
取り留めのないblogになっておりますので、このへんで。


最後になりますが、
今年も一年、わかくさ総合事務所にご依頼をいただいたお客様はじめ、
当事務所に関わるすべての皆様には、
大変お世話になりまして、この場をお借りして、感謝申し上げます。

来年も引き続き、本年同様のご支援、ご指導、ご鞭撻賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。

それでは、皆様よいお年をお迎えください。

トミカ博 in Nagoya

2011年12月27日

子どものクリスマスプレゼントにと、イブの日にトミカ博 in Nagoyaへ行ってきました。

まず入り口でチケットと引き換えに非売品のトミカ「TDMスカイウォーターキャノン」をGET!

 

tomica3.jpg

(TDM:トミカ ドリーム モータースの頭文字。スカイウォーターキャノン:トミカが考える未来の消防自動車)

 

 

入ってすぐは展示ゾーンになっていて、今回は緊急車両がテーマとあり、本物の救急車があったり、トミカ歴代の消防自動車やパトロールカーなどが年代順に陳列してありました。

しかし、何より子どもたちが夢中だったのは、コレ!

 

tomica1.jpg

たくさんのプラレールやトミカが組み合わさって街ができていました。

立体駐車場に工事現場、セブンイレブンにオートバックス・・・。

大人も子どもみんな釘付けです。

 

会場の奥には有料で遊べるアトラクションゾーンがあり、トミカスロットやトミカビンゴなるものがありました。

うちの子はまだ小さいので「のれるトミカ」に乗って楽しみました。

 

さぁ帰ろうと思いきや、なんと出口をふさぐようにトミカグッズの販売コーナーが・・・。

ここを通らないと出られない。

「ただでは帰さんぞ」という仕掛けに釣られる親子多数。

かくいう私もまんまと罠にかかりましたが(笑)。

 

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

最後になりますが、事務所の稼働日も残すところ後2日になりました。

今年を振り返れば、なんといっても育休からの復帰が最大の出来事でした。

分刻みで家事をこなすことにもようやく慣れ、片岡

仕事では新しく成年後見の分野にも取り組むことができました。

 

来年も飛躍の年になるよう邁進してまいります。

 

皆様におかれましても、どうぞよいお年をお迎えくださいますよう

心よりお祈り申し上げます。

坂の上の雲

2011年12月26日

日本のテレビ史上、大変めずらしいことらしいのですが、
3年にも及ぶ大作ドラマ「坂の上の雲」が昨日完結したようです。
大好きな司馬遼太郎氏の原作ですので、放映前から楽しみにしておりました。


「完結したようです?」というのも、私はまだ最終回を見ておりません。
「3年をかけて放送する」と聞いた時から、
3年越しでまとめて見てやろうと画策し、
1話も見ることなく大事に大事にとっておりました。


そして遂に、3年越しの楽しみをスタートさせました。

 


友人たちの影響で、司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」を読んで以来、
彼の作品を1年内に100冊以上の読みました。

1年で100冊以上は、3日で1冊を1年間続けるようなペースです。

田中
自分でもうすうす気づいておりましたが、
どうやら私も一度好きだと思えると、「好きなものに一直線」な性格みたいです。
ただ なかなか好きだと思えるものにめぐりあう機会に恵まれません。


坂の上に見える青空に浮かぶ いちだの雲を追いかけるように、
夢中になれるもの、熱中できるもの、夢や目標がある人は幸せだなと感じます。


秋山兄弟・正岡子規、明治時代の人をうらやましく感じながら見ています。

私の平成23年

2011年12月23日

今年最後のブログとなりました。
平成23年を私なりに振り返ってみようと思います。


今年は何と言っても私にとって、大きな変化のあった一年でした。


まずは「結婚式」&「新婚旅行」です
結婚式の準備は大変厳しいものではありましたが、
結果、最高の結婚式になったと自負しています。

また、人生初の海外旅行は、今までにない経験であったため、
見るもの見るもの新鮮でした。

日本にはない感覚ばかりで、日本ではあまり語られない
宗教関係についても、現地で勉強することができました。

 

そして、今年はわかくさ総合事務所の名古屋事務所の誕生もありました。

初めは不安がたくさんありましたが、
気付いてみれば、あっという間に半年が過ぎていました。

名古屋メンバーも3名加入し、今では名古屋事務所を支える力となりました。

 

イオンでの相談会も行いました。

たくさんのご相談者の方と触れることができ、
いろんな相談がありました。

気軽に相談できるため、身近な相談が多かったのですが、
身近なことであっても法律に引き直してみると
意外に複雑であったのが印象的で、
事務所に帰ってから調べたりしたこともあり、大変勉強になりました。

 

これは最近のことですが、「株式会社ちごの口グループ様主催の相続セミナー」を
開催したことも思い出されます。

私と代表の田中がセミナー講師としてお話しさせていただきましたが、
みなさまに身近に感じてもらえるように、前日遅くまで紙芝居を作ったり、
お話しさせていただく内容を考えたりと事前準備に追われました。

当日は、たくさんの方々に来ていただき、聞いていただき、
その対策まで皆さんにしっかり知っていただけたと思っておりますが、朽木
セミナーに来ていただいた皆様より私どもの方が勉強させていただいたと思っております。

 


毎年、「今年に負けない来年を過ごすこと」が目標ですが、
なかなか今年できた経験は大きかったように思えます。


カレンダーとにらめっこをして、なんとか来年の目標も決まりました。
来年は今年以上に大変になるなぁと思っていますが、
日々邁進していきますので、来年からも宜しくお願いいたします。

大掃除!

2011年12月22日

気が付けば今年も残すところあと僅かとなりました。

 

今年一年を振り返ってみると、引っ越しや転職など、

自分を取り巻く環境が大きく変化した年でした。


慌ただしく毎日が過ぎていきましたが、
たくさんの新たな出会いがあり、

たくさんの未知なる体験や経験をさせていただきました。

また、人間関係や職場環境に恵まれ、
とても充実した一年だったことに感謝しています。

『日々勉強』とは言いますが、
来年は自分自身の成長のためにも

『日々猛勉強』していきたいと思います!!



一年の締めくくりと素敵な新年のために、今週末は部屋の大掃除をするつもりです!

大掃除は無計画にやり始めてしまうと、
気付けば部屋が散らかってしまって収集がつかなくなり、

結果、適当に終わらせて(隠して?)しまう…
そんな経験を何度もしています。。。

大掃除を成功させるためには
①リストを作る。
②『要らないもの』は捨てる。
③『何でもボックス』を作る。
この3点ができるかどうかだと思っています!!!植村

①を作ることで、優先順位がはっきりします。
②は毎年、『要らないもの』の基準に苦しみますが、
『最後にいつ使ったか(着たか)思い出せないもの』と決めています。
③は収納スペースが無く、物理的にしまうことができないものを
暫定的に収納しておく、秘密兵器(段ボール)です☆

新年をスッキリとした環境で迎えることができるよう、

万全の準備をしておきたいと思います♪

1  2  3  4
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742