写真写り...

2011年6月16日

明日、事務所で集合写真の撮影が行われます。

午後からは民法の相続法のテストがありますが、

私の目下の悩みは午前中の写真撮影です。。。

 

私は写真が苦手で、この時代にデジカメを持っていません。

また、人からよく「写真写りが悪いね」と言われます。

確かに、カメラを前に自然な笑顔ができず、表情が引きつっている自覚があります。

 

思い起こせば、長女であるが故に、幼い頃から

両親や祖父母に沢山の写真を撮ってもらっていました。

思い出を切り取って写真で残すことができるのはとても大切だと思っていますが、

その楽しい瞬間そのものを中断してしまう危険もはらんでいるので

やり過ぎには注意だとも感じています。

 

今となってはいい思い出ですが、

修学旅行の時、出発間際のバスの中に祖父母が乗り込んできての撮影、

大学の入学式では、隣の席になった子と自己紹介中、母親の呼びかけと連写…

「なぜ今!?」と思う瞬間が多々ありました。

 

しかし、写真が苦手であっても、写真写りが悪いのは克服したいと常々思っていたので、

今回、「写真写りのコツ」について調べてみました!!

どうやら、写真写りを良くするには下記のようなポイントに気を付ければいいようです。

 

【写真撮影時に注意したいポイント】

①     姿勢

・     肩の力を抜いて、背筋を伸ばす

・     身体はカメラに正対しないよう少し角度を付ける

②     顔の角度

・     顎を引いて少し上目遣いにする。

※ただし、人の顔は左右対称ではないので、自分のベストな角度を見つける!

③     視線

・     視線はレンズの上のほうをピントを合わさないようにみつめる

④     笑顔

・     歯を見せて自然な笑顔にする

※下の歯の裏に舌を押しつけて笑うことでうまく上の歯だけが見えるようです!

⑤     呼吸

・     息は止めず、深呼吸するように、撮る瞬間に軽く息を吐き出す

⑥     気持ち植村

・     大好きなものを思い浮かべる

・     自分が一番という自信を持つ

 

②と④、は日頃から鏡を見ながら、撮影を重ねながら、

研究していないとすぐ実践するのは難しいようですが、

他の項目でも今まで意識したことがなかったので、

早速実践してみたいと思います☆

スマートフォン始めました

2011年6月15日

あれから数週間。

スマートフォン始めました。
あのblogを書いた週末、携帯電話の機種変更をしようと、
ある一台の機種のみを求めて、
街中の家電量販店・携帯ショップを巡りましたが、
旧モデルのため、一台も出会うことができませんでした。

どのショップも「新機種であれば…」と、勧めてくる。
携帯電話に変えるのであれば、機種の代金は安いほうがいい。
安くて、機能的にも自分の満足できる機種は一つのみであったので、
その一つしか買うつもりはありませんでした。

その一台に出会えないとすると、
「携帯電話の新機種に変更する」
「スマートフォンに変更する」
もう、いずれかで今もっている携帯を変えると心に決めた以上、
「そのままの携帯で様子をみる」
という冷静な選択肢は消えてしまうのです。

それから数週間悩みましたが、
どうしても、新しい携帯電話に機種変更をして、
「2年間の制約の元、機種の代金を分割して支払う」
ということを決断できませんでした。

また、現状では、
スマートフォンのほうが、機種代金・通信料ともお得であったため、
「では、スマートフォンにする!」
との結論に至りました。

もうそこからは、
スマートフォンの受け入れ態勢を万全に整えます。
引き続きスマートフォンに変えた場合の、
今まで携帯でしてきたことの引継ぎの準備または代替措置の下調べ、
最初に入れるべきアプリの下調べ、
充電器の手配からカバーの購入まで、

ビシーッ!!と購入前にすませて、
いざショップへ。
平松
無事にスマートフォンへの転向を終えました。

いつも、携帯を買ってからは、
自分の使いやすいようにカスタマイズする工程が大好きですが、
スマートフォンは、それ以上に伸びシロがたくさんあるため、
ずっと触ってます。。
(いつもなら、これでもかくらい、一人でボールをパンパンとぶつけながら、
型を作り上げていくグローブの型付けがないがしろになるくらいに。)

文字の入力や、戸惑うこともまだまだいっぱいありますが、
スマートフォンをいっぱいいっぱいに使ってみたいと思います。

今時の・・・

2011年6月14日

ちょっと前の話ですが、長男と次男が修学旅行にいきました。

なんと、長男は、私も行ったことのない北海道に行ったのです。
有珠山を散策したり、ラフティングをしたりと
体験型の修学旅行だったようです。

次男は、神戸・大阪へ行ったのですが
全員で行動するだけではなく
クラス単位、班単位で行動することが多かったみたいです。

私の中の修学旅行と言えば
小学校は、京都・奈良
中学校は、日光・東京
高校は、広島・宮島
というように、みんな連なって名所旧跡に行って
歴史に触れるというようなイメージだったのに加藤
今時の修学旅行は、様変わりしたものです。

今時の・・・というようになったのは、いつからだろう?
子供の頃、よく母達が今時の子たちは・・・
と言ってた気がする。
この言葉を使うたび、自分がそれだけ年を重ねてきたんだと思う反面
自分の価値観でものごと見てるなと感じるこの頃です。

もっと、頭を柔らかくして物事をとらえていけば、
今時の・・・なんて言葉は、使わないのかもしれませんね。

楽天が消費者金融事業をJトラストへ

2011年6月13日

消費者金融の業界は、合併・買収・倒産・グループ再編・不祥事によるイメージチェンジ
などの理由により商号の変更がわりと頻繁に起きる業界であると思います。

そして今回の理由はグループの再編ということになりますが、
プロ野球球団・楽天市場で有名な楽天が、クレジットカード事業の再編を発表しました。

楽天の子会社に楽天KC(旧国内信販)と楽天クレジットがありますが、
楽天は、その楽天KCを今年8/1付でJトラストに売却します。

今回は、楽天KCの事業の中で、楽天カード関連事業を吸収分割の形で楽天クレジットに承継
(これにともない、楽天クレジットは楽天カードに社名変更します)させ、
残りの事業を45億円でJトラストに譲渡。

さらに楽天が子会社である楽天KCに対して有する貸付金のうち、
370億円も同額でJトラストに譲渡し、130億円分の債権放棄もします。
そこまでしてでも手放したい、「負債」のようです。

ちなみに譲渡後の楽天KCは楽天グループから外れるため、
「楽天」が取り除かれてただの「KCカード」に社名変更します。



ライブドアがロイヤル信販を買収してライブドアクレジット(現在はネオラインキャピタル)、
GMOがオリエント信販を買収してGMOネットカード(現在はネットカード)、
楽天が国内信販を買収して楽天KC(KCカード予定)など、
ITバブルに乗って、ネット業界から大きな会社が次々に参入してきました。田中

数年前は長者番付の上位を消費者金融社長が名を連ねていましたし、時代にのったIT長者たちには、「ここははずせない」って感じだったのでしょうが、
結果、軒並み撤退を余儀なくされています。

楽天市場を運営する楽天の経営の場合は、クレジット業界との親和性が高く、切っても切り離せない分野であると思いますので、クレジット部門を手放すのはやはり考えにくいです。

ただ、中途半端に手に入れた消費者金融部門の過払い金返還の負担があまりに大きすぎたようです。

預貯金の遺産分割

2011年6月10日

被相続人の残した遺産は、全て遺産分割の対象になるわけではありません。

 

 

預貯金などの可分債権は、原則として遺産分割の対象となる財産には含まれず、

共同相続人の遺産分割協議を待つまでもなく、相続開始と同時に、

当然に相続分に従い分割されます。

 

そのため遺産分割協議自体必要ないのです。

 

 

しかし、遺産分割協議をしなければ、預貯金の払い戻しができないという銀行等も多く、

ほとんどの銀行が自己の法定相続分のみの払戻し請求に応じてくれません。

 

そのため、相続人が銀行に対し訴えを提起しているケースも多々あります。

 

 

 

では、可分債権である預貯金は全て遺産分割できないのかと言えば、そうではありません。

 

判例では、預貯金を分割の対象に含めるという合意が相続人間で成立すれば、

その合意に従って預貯金を分割対象に含めて協議することができることになっています。朽木

 

この合意の性質には、性質上の可分債権が不可分債権に転化するとみる立場、

各共同相続人が同意によりそれぞれが有する分割債権を集中してその再分配を家事審判手続きに

委ねたものとみる立場がありますが、判例は両説を取り入れて判示しています。

 

 

実際には預貯金を含めて遺産分割協議をしている例がほとんどですが、

上記のように法律上の解釈は少し複雑なものとなっています。

 

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742