紫陽花

2011年6月23日

今日は久しぶりに青空が見えましたが、今は梅雨真っ只中。

連日じめじめすっきりしないお天気と蒸暑さに気持ちも滅入ってしまいそうです。

 

 

そんなときふと心を爽やかにしてくれるのが、道端や公園の脇に咲いている

紫陽花です。水色、青色、薄紫色、ピンク、細かい花びらの集まりが織りなす

濃淡のグラデーションがとても美しく、雨空の街に彩りを添えています。

葉や花びらの上で雫がキラキラと揺れ輝くさまは、うっとりしてしまうほど綺麗です。

 

ひまわりには高い空と入道雲、寒椿や葉牡丹には雪の綿帽子が似合うように、

紫陽花には雨空や雫がよく似合います。

自然が生み出す美は、植物(生物)と景色と気候が融合しながらも

それぞれが引き立つように計算されたかのような奇跡的な輝きを放ちます。

 

 

ひとつ忘れられない景色があります。

別名「鎌倉のあじさい寺」ともいわれている、明月院の山門へ上がる階段の

両脇に咲き誇る姫あじさいです。

 

その紫陽花はグラデーションではなく澄渡る青空を連想させる

ような色の紫陽花でした。その清々しさ美しさに心潤う思いがしました北島

 

今でこそ季節の花々を眺め、美しいと感動できる歳になりましたが、

そういう感性がやや乏しかった十代の頃に惹かれた景色は今でも強く心に

残っています。いつかもう一度見にいきたいです。

 

あの頃より大人になった今、同じ景色を見て今度はどんな思いが

生まれるのか楽しみです。

 

今日は夏至

2011年6月22日

裁判所へ向かう途中のラジオで、
今日は「夏至」だと言ってました。

そうなんだ~。早いな~。
もう夏が来るんだな~。

なんて思いながら、もう一度夏至の定義を考えてみた。
夏至とは二十四節気の一つで、
学校で習ったとおり、一年で一番お昼の時間が長い日です。

昼が長いということは、朝が来るのも当然早いんですよね。

今日の名古屋の日の出、日の入りは、

日の出が4:38
日の入りが19:10

と昼の時間はなんと、14時間と32分!!

では、昨日はどうだったんだろ?
国立天文台 天文情報センターのHPで見てみると、
日の出 4:38
日の入り 19:10
あれ?今日と同じじゃん!!

では、一昨日は?
日の出 4:38
日の入り 19:09
1分短い。

では、明日は?
日の出 4:38
日の入り 19:10
今日と同じ。ちなみにあさっても今日と同じです。

これは、どういうことだろうと、ウィキペディアで調べてみると、
「なお、1年で日の出の時刻が最も早い日・日の入りの時刻が最も遅い日と、夏至の日とは一致しない。
日本では、日の出が最も早い日は夏至の1週間前ごろであり、平松
日の入りが最も遅い日は夏至の1週間後ごろである。」

とのこと。

なんだかよくわからなくなってきました。

今朝、なかなか寝付けず、時計はおそらく4時前というものを目にしたでしょうか。
空がだんだん明るくなってきて、
少しあせったところまでは記憶がありますが、その後数時間ほどは記憶がなく…
数時間後、所定の時間に目覚めました。

少し転寝をして、深夜番組で腹を抱えて笑ったことが原因なのかは分かりませんが、
きちんと寝ないといけませんね。

報告-6/13行政書士申請取次実務研修会

2011年6月21日

ふ~。よかったです。

8割とれました!!

前々回のブログに書いた申請取次研修会の効果測定です。

自己採点ですが、意外と成績がよくてびっくりしました。

 

前回3年前の新規取得のときに比べると

勉強時間がほとんど取れず、当日は開き直りの境地でした。

が、(私の中では)予想以上の出来でしたので、ちょっと安心しました。

 

効果測定は、4択の正誤問題が10問。

制限時間は30分。

当日配布の条文集を見てもいいのですが、

(そう言えば3年前もそうでした。見ていいと言われて思い出しました。)

単純計算で1問3分、枝問1つにつき45秒なので

ひとつひとつ条文をあたる暇はありません。

問題も条文丸写しの正誤ではないため、予習なしではかなり厳しいと思います。

 

あとは講習費用等(講習費用はナント12,000円!痛い出費です。)の元を取るだけ・・・。

もしかすると、こっちの方が難関かもしれません。

3年間ペーパードライバー状態なので、

次の更新までには1件でもいいので入管業務を受注していたいです。

 

最後に、先週末に開かれた岡崎支部新旧役員懇親会で頂いた

花束の写真で癒しのひとときを…。

 

 

 

 

花束.JPG

 

 

真紅のバラがとても美しい。片岡

子どもの手が届かないところへ、と思って洗面台の脇に飾ったところ

さながらホテルのパウダールームのようになりました。

やっぱり生花っていいですね。

見るたびに心が洗われます。

 

支部役員のみなさま、素敵な花束をありがとうございました!

名古屋地検、初の取調べ可視化

2011年6月20日

名古屋地検特捜部では、今回初の容疑者取り調べ過程の可視化(録音・録画)を始めたようです。

大阪地検特捜部の証拠改ざん事件などを受け、最高検は原則、
取調べの全過程を含め可能な範囲で録音・録画を実施するように求めています。

そのため、初の取調べ可視化は、これだけでもニュースになりそうなものですが、今回はまた問題が問題です。
今回対象とされている事件は、愛知県弁護士会所属弁護士による成年後見業務の業務上横領です。

成年後見人として被後見人の資産管理をしていた時期に、本人や親族に無断で定期預金を解約、郵便貯金口座を引き出したりして、合計1510万円を着服した容疑です。

中日新聞には実名も公表されており、横領したお金はFX損失の穴埋めやギャンブルに使っていたようです。
理由がベタ過ぎですね。。

 

以前のわかくさブログ「成年後見制度と成年後見監督人」にも記載しておりますが、成年後見業務は、まだまだ未成熟な業務です。田中
成年後見制度は、認知症などにより判断の難しくなった方の財産を管理する制度であり、大前提として、成年後見人・後見監督人には高い倫理観が要求されています。

わたしも成年後見監督人を務めておりますが、もっとも倫理観の高い職業の一つと考えられている弁護士さんにこのようなことをされてしまうと、制度そのものが危うくなってしまいかねません。

弁護士・行政書士・司法書士と士業の種類にかかわらず、職業後見人たる成年後見人・後見監督人はこのことを強く意識しなければならないと改めて感じされられました。

写真撮影会

2011年6月17日

本日は事務所で写真撮影会がありました。

 

名古屋メンバーと岡崎メンバー全員での撮影は初めてで、

緊張の中、無事撮影会が行われました。

 

おそらく200枚以上は撮ったのではないかと思います。

 

 

今回の撮影会も岡本氏の所作が完璧であったことは言うまでもありません。

※名古屋メンバーはその所作を初見であったので、みんな絶句しておりました。

 

 

全員の写真だけではなく、個人ひとりひとりの写真も撮りました。

 

他の人の撮影のときは、ちゃちゃを入れたりしている私ですが、

自分の撮影のときは、緊張してしまいます。

 

カメラの「カシャッ!!」という音を聞くたびに、表情が固まっていくのがわかります。

 

そのため撮影のときは、女優やタレントなどのすごさを思い知ります。朽木

 

 

後日ネットにアップされると思いますので、

そういう点も気をつけてみていただけると幸いです。

 

 

撮影後、岡崎メンバーは食事に行ったらしいのですが、私は呼ばれませんでした。

とても残念に思えます。

 

司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742