葬儀後の諸手続チェックリスト

2010年12月31日

 基本的な届出・手続き

届出・手続き

手続先

期限

死亡届

亡くなった人の本籍地又は届出人の住所地の市区町村役場

7日以内

死亡火(埋)葬許可申請書

 

7日以内

世帯主変更届

住所地の市区町村役場

14日以内

児童扶養手当認定請求書

住所地又は本籍地の市区町村役場

世帯主変更届と同時

復氏届

住所地又は本籍地の市区町村役場

必要に応じて

婚姻関係終了届

住所地又は本籍地の市区町村役場

必要に応じて

子の氏の変更許可申請書

子の住所地の家庭裁判所

必要に応じて

改葬許可申立書

旧墓地の住所地の市区町村役場

必要に応じて

準確定申告

亡くなった方の住所地の税務署

4ヶ月以内

運転免許証

最寄の警察署

速やかに

国民健康保険証

住所地の市区町村役場

速やかに

シルバーパス

住所地の市区町村役場

速やかに

高齢者福祉サービス

住所地の福祉事務所

速やかに

身体障害者手帳・愛の手帳など

住所地の福祉事務所

速やかに

勤務先(在職中の場合)

死亡退職届

勤務先

速やかに

身分証明書

勤務先

速やかに

退職金

勤務先

速やかに

最終給与

勤務先

速やかに

健康保険証

勤務先

速やかに


 
受け取る手続き

当てはまる手続の種類

届出先

備考

生命保険

生命保険会社

 

入院保険

保険会社

 

団体弔慰金

共済会・互助会・協会・サークル

 

簡易保険

郵便局

 

死亡退職金

会社

 

医療費控除の還付請求

税務署

 

遺族共済年金

各種共済会

 

葬祭費

各種共済会

 

生命保険付住宅ローン

銀行

団体生命保険

クレジットカード

カード会社

保険確認


 
引き継ぐ手続き

当てはまる手続の種類

届出先

備考

自動車保険(自賠責・任意保険)

損害保険会社(取扱代理店)

 

家屋の火災保険の名義変更

損害保険会社(取扱代理店)

 

公共料金

電気・ガス・水道会社

 

NHKの名義変更

管轄の営業部・センター

 

銀行引落口座

銀行

 

借地・借家

地主

 

賃貸住宅

家主

 

市営・都営・県営住宅

住宅供給公社

 

株券・債権

証券会社・発行法人

 

電話

NTT

 

特許権

特許庁

 

音楽著作権

社団法人日本音楽著作権協会

 

貸付金

貸付先(債務者)

 

信用金庫への出資金

出資先

 

保証金

保証金の預け先

 

各種免許・届出

管轄官庁

酒類など

預貯金の口座

金融機関

 

自動車

陸運局事務所

 

自動車納税義務者

陸運局事務所

 

ゴルフ会員権

所属ゴルフ場

 


 
停止する手続き

当てはまる手続の種類

届出先

備考

クレジットカード

クレジット会社

免除確認

携帯電話

電話会社

 

借金

消費者金融・銀行・ローン会社

団体生命保険

デパート会員証

デパート

 

フィットネスクラブ会員証

フィットネスクラブ

 

JAF会員証

JAF

 

無料パス

バス・電車会社(市役所)

 

身分証明書

学校・会社・福祉事務所

 

パソコン・インターネット会員

プロバイダー

 

老人会会員証

老人会

 

運転免許証

国家公安委員会

 

貸金庫

契約銀行

 

パスポート

旅券事務所

 

リース・レンタルサービス

リース会社・レンタル会社

 

キャッシュカード

銀行・郵便局・JA(農協)

 

 

相続税

2010年12月30日

平成23年の税制改正で相続税が改正される見通しです。

 

今までは税金の中でも相続税はほとんどの方が発生しなかったのですが、

今回の改正で発生する方がかなり増えるはずです。

 

なぜ今までほとんどの方が相続税が発生しなかったかというと、

基礎控除額が多かったことが言えます。

 

現在の基礎控除額は「5,000万円+法定相続人数×1,000万円」です。

 

例えばAが死亡して、相続人にB、C、Dの場合

単純に8000万円までは相続税が発生しないことになります。

 

しかし、今回の改正で基礎控除額がこのようになる見通しです。朽木

「3,000万円+法定相続人数×600万円」

 

先ほどの例で言えば、4800万円までは相続税が発生しませんが、

それ以上であれば発生してくる計算となります。

 

8000万円と4800万円では今後相続税対策をされる方が大幅に増えることになりそうです。

 

相続税対策をお考えの方は下記サイトをご参照ください。

愛知相続遺言相談センター

 

プレゼントの開け方

2010年12月29日

今年も残すところあと3日です。

クリスマスを含め年末年始プレゼントを渡したり贈ったりする機会が多いかと思います。

 

先日テレビである特集が組まれていました。

「贈り物の包装紙を贈り主の前で破るかどうか」

というものです。

日本人に対するアンケートや街頭インタビューによると,

贈り主の前ではプレゼントを開けない,

開けるにしても包装紙は破らないように丁寧に開ける

と回答された方が多数派でした。

 

プレゼントの開け方についても国民性というものは存在するらしく

フランスの場合贈り主の前で開けないのはかえって失礼に当たるらしく,

子供たちがプレゼントに飛びついて包装紙を破る場面が放送されていました。

確かに「うれしくて楽しみで待ちきれない!!」という気持ちが表れています。

贈った方も思わず笑みがこぼれてしまいますね。

 

さて,礼節を重んじるお隣韓国ではどうかというと,

意外にも他のどの国よりも豪快に包装紙を破る・破る・破る。

何だか気持ち良いほどビリビリでした。

 

多数の日本人と同じく贈り主の目の前で開封しなかったのは

インドネシアの女性でした。柴田

 

自分が贈り主だったら

いつどのように開けるか,よりも開けた後の反応の方が気になりますね。

逆に受け取る場合,最近はあまりないので子供の頃を思い出すと,

母親から,プレゼントは目の前で開けてもいいけど

お年玉はおうちに戻ってから開けなさいと言われていました。

「千円しかなかった!」

などと目の前で言われるのを防ぎたい大人心だったのでしょうね。

 

大掃除

2010年12月28日

今日は、
一年納めの日ということで、大掃除でした。

 

エアコンのフタを取り外し、中を掃除、
蛍光灯を外し、かさを拭いて、
観葉植物のお皿もきれいにしたり…と
普段やらないところまで、しっかりと掃除しました。

一年の汚れを落とし、
新しい一年を気持ちよく迎える準備が、

 

で、で、で………できていません。。。

 

まだ自分のデスク周りが
全く片付いておりません。
日中ももちろん、みんな各自仕事をこなしながらの大掃除。
思ったよりも時間が掛かっております。

 

早いところこのblogを書き上げて、
自分のデスク周りを仕上げて一年の仕事納めとしたいと思います。平松

 

先日このblogにもお知らせを書きましたが、
当事務所、明日より、新年3日まで年末年始のお休みを頂戴します。

 

気づけば、昨日レンタルしたCDの返却日が新年になっていて、
あっという間に年末年始が過ぎ去ってしまいそうですが。

 

最後になりましたが、
この一年、当事務所をご愛顧いただいた方々、本当にありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。
そして、また来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

2010☆クリスマスの思い出

2010年12月27日

クリスマスが過ぎると、一気に年末ムードが高まり、大晦日まではあっという間です。

 

我が家では、24日、25日と2日間に渡り、クリスマスパーティーを楽しみました。

いつもよりも暗めの照明に、クリスマスツリーとスノーマンのイルミネーションは、

いつものリビングをちょっとだけステキに見せる魔法のようでした。

 

テーブルには、私が腕を振るい、いつになく豪華な料理が並びました。

ローストチキン(高橋精肉店作)にローストビーフのサラダ、スモークサーモンのマリネ、

アボガドのディップにクラッカーを添えて・・・・・・

もちろん、シャンパンも忘れずに☆

サンタさんやお星様が飾られたクリスマスケーキにロウソクの火を灯したら

パーティーの始まりです。

この日のために100円ショップで購入していたクラッカーを鳴らします!

『メリークリスマース!!』

娘と一緒に夜遅くまで「赤鼻のトナカイ」と「ジングルベル」を歌って踊りました。

 

私は不覚にも、疲れて娘と一緒に眠ってしまいましたが、その分ちゃんと

主人がサンタクロースになって、枕元にプレゼントを置いてくれていました。

 

次の日の朝、娘は「サンタさん来たぁ!」と言って、キラキラした目で箱を

見つめていました♪

プレゼントの中身は、大好きなアンパンマンのキッチンセットです!岡本

もう3日が経ちますが、毎日「サンタさん持ってきた?」と言って遊んでいます。

 

今年のクリスマスは、私にとっても娘にとっても、特別なクリスマスになったような気がします。

 

さあ、そんなステキな記憶に浸っている暇はありません!

まずは今日買ってきた年賀状の作成に取り掛かりたいと思います。

1  2  3  4  5  6  7
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742