秋季例大祭と現実

2010年10月31日

神無月と呼ばれるとおり、私の実家の周りでは、10月になると、毎日のようにどこかしこでお祭りをしています。

このあたりは、お祭りに獅子舞と「ちょうさ」と呼ばれる太鼓台が出るのが一般的で、

獅子舞の演舞やちょうさの飾り付けが、地区ごとに違っているのが特徴です。

お祭りに行くと、あちこちの獅子舞やちょうさが集まるので、

いかに自分の地区の獅子舞やちょうさを美しく見せるか?これを競い合うのがお祭りの醍醐味となっています。

 

ちょうど先週末、私の地区もお祭りでした。

地元のお祭りに居合わせるのは、10数年ぶり!

数日前から、いまやまだかとソワソワして落ち着きませんでした。

 

というのも、私は小さい頃、獅子舞の太鼓ぶちをしていて、お祭りには一方ならぬ思い入れがあるのです。

太鼓ぶちとは、子どもの太鼓打ちのことで、

太鼓ぶちができる条件は、まず獅子組に入っている家の子どもであること。

(獅子組に入っているのは地区の5分の1くらい)

それから、身長が太鼓より超えないこと。

この2つの条件を満たす必要があります。

そうなると、太鼓ぶちができる子どもは自然と限られてくるため、

子どもの間でも、太鼓ぶちはちょっとしたステータスでした。

私はその太鼓ぶちを4年間させてもらいました。

 

また、もうひとつの楽しみは、獅子組の人たちの変貌ぶりをみることでした。

当時、若さ溢れんばかりに獅子を操っていた兄貴たちが、どんな「おっちゃん」になっているのか?

そのビフォーアフターについて、ひとり想像を膨らませていました。

 

しかし、私の楽しみとは裏腹に、獅子組には大きな問題がありました。

それは少子高齢化の波です。

 

地区全体でも子どもの数が少ないのに、獅子組限定となっている太鼓ぶちは本当になり手がいません。

そこで、私のように実家から離れてしまった人の子どもを呼び寄せて、どうにか続けているのが現状です。

しっかり練習時間が取れないまま本番を迎えるため、

大人が横で踊ってやらないと最後までできない年もあるのだとか。

昔だったら、人に見せるのも恥ずかしい話です。

更に今年は、本来なら2人1組でやる太鼓ぶちが1人しかいません。

さあ、この問題を、今年の獅子組はどう乗り越えたのでしょう?

 

答えは、太鼓ぶちをおじいちゃんと孫でやる、という離れ業で解決していました(笑)。

子どもがやるからかわいげがあるのに、小さい太鼓ぶちの隣には、スーツを着たおっちゃんが。

痛々しくて、私が代わってあげたかったくらいです。片岡

(私が代わっても、でこぼこコンビに変わりありませんが。。。)

昔からの伝統が途絶えてしまいそうな気がして、本当に少子化は深刻だと思いました。

 

最後になりますが、ちょうさも勇壮で、とてもきれいです。

興味のある方は、キーワードに

「ちょうさ」もしくは「太鼓台」と入れて、インターネットで検索してみてください。

四国では、愛媛県新居浜市、香川県三豊市などが有名です。

日本の貸金業者の動向

2010年10月30日

今年初めてのことですが、体調を崩してお休みをもらいました。

急に寒くなり、頭痛・悪寒・下痢で大変でした。。

皆様もご自愛ください。

 

さて、本日午前中から武富士破たんの特集がTVでやっているのを見ました。

過払い債権者の方々が「私の過払い金はどうなるのですか!?」と叫んでおられました。
が、残念ながらその過払いは戻ってきません。
このようなことになる前に、過払い請求をしてください。

他の大手貸金業者もいつ同じようなことになるか分からない状態ですので。


番組で引き合いに出されていた日栄(現称号ロプロ)の会社更生法の場合は、
以前のわかくさブログで紹介したとおり、返還率はわずか3%でした。


日弁連会長の宇都宮健児弁護士とともに、多重債務問題に取り組む司法書士・弁護士の先頭を走っておられる木村達也弁護士も、武富士の逃げ得は許されないとコメントされてました。

内容としましては、毎年のように長者番付に名前が載り、巨万の富を気付いた武富士の創業家武井一族が大金持ちのまま過払い金を踏み倒す手続をとるのは許せないというものです。

せめて自分の財産を会社に、つまり過払い金返還に充てるべきだとまで言われていました。

確かに感情的に許されませんよね、武井一族は痛くも痒くもないと思うと。


また、番組内で興味深い話も出ていました。
日本国内において規制されることとなった貸付金利ですが、
台湾・韓国など近隣アジア諸国ではまだ法整備が進んでおらず、そこに狙いをつけた日系の消費者金融各社が進出しているようです。

韓国においては最近金利が下がったとはいえ、未だ上限金利は40%を超えています。
日本に比べてそのおいしすぎる市場を、過払い金返還に苦しむ日系企業がほっておくはずもなく、
韓国国内の貸金業における日系企業の割合は、実に70%にも及ぶそうです。

業界第2位のシェアを誇る三和マネーなる会社は、日本のSFコーポレーション(旧三和・ファイナンス)です。田中
あまりの悪質ぶりから、3度の債権者破産を申し立てられている会社です。
「お金がない、お金がない」と過払い金の返還を渋るこの会社も、
韓国で大儲けしているんですよね。


法整備の遅れている韓国でもちょっと前の日本と同じように、
多重債務の問題がどんどん深刻化しているため、
日本の弁護士などの手を借りようとしているところです。


日本の企業が外国に迷惑をかけに行ってるみたいで、なんだか嫌な感じがしますね。

ついに・・・

2010年10月29日

急に寒くなり、急いで衣装ケースから冬物をひっぱり出したこの頃
自転車通勤の私には身にしみる季節がやってきました。

でも、明日には台風が接近もしくは上陸するらしいですね。
こんな時期の台風って地球がおかしくなってるんですかね?
台風と言えば夏の終わり頃に来るものだと思っていたのですが…。
今回の台風がもし上陸すれば
史上2番目に遅く上陸する台風になるらしいです。

さて、話は変わりますが、ついにパソコンが壊れてしまいました。
ちょっと前から調子が悪かったのですが、
いきなり正常に立ち上がらなくなり、強制終了すらできない状態に…。
前兆があったので、子供たちの写真だけは外付けのハードディクスに
入れたり、USBに移してあったのでよかった!
と思ったのも束の間、メールのアドレスや文書のファイルなど
以外に重要なものがあった事に気がついたのです。加藤

普段、あって当たり前の状態だと気がつかなかったのですが
使えるものが使えなくなるというのは困るもんですね。
洗濯機や掃除機の生活用品と同じように
意外と生活の一部になっていたんだと改めて気がつきました。
そうやって思うと、人でも物でも居て当たり前だったり
あって当たり前のものを意識してもっと大事にしなくちゃ
いけないのかもしれませんね!

会社設立パート2

2010年10月28日

先週の日曜日に聖飢魔IIのコンサートで涙を流した、朽木です。

 

本日、大安のため会社設立登記をオンライン(通称:半ライン)で申請しました。

 

ここだけの話ですが、オンラインで申請をするメリットは租税特別措置法第84条の5において最大5,000円の割引になります。

 

オンライン申請にはもうすっかり慣れましたが、「会社設立」のオンライン申請はいつもと勝手が違います。

 

なぜなら、会社設立という行為は、登記をしたときに初めて法人が誕生するからです。

※オンライン申請の登記をしたときとは、いわゆる「送信実行」のボタンをクリックする瞬間のこと。

 

何か間違いがあったら取り下げなくてはならないこともあり、会社自体誕生しなくなります。

 

ここだけの話ですが、内心いつもドキドキしています。

 

 

 

ここだけの話ですが、

2010年4月28日「K-BO-BO-商事」が設立されました。

(商業登記法上「-」(ハイフン)の使用は可能)

 

会社形態が記載されていませんが、株主総会が開催されているため、「株式会社」であることは間違いありません。

・・・合名会社、合資会社、合同会社は持分会社と言われ、株式の概念はない

 

役員構成は、社長と社員、研究員、秘書のみが記載されているため、代表取締役1名のみの会社です。

そのため、監査役はおらず、取締役会もありません。

 

運用会社の記載がアンファー株式会社となっているため、

この会社が発起人であり完全親会社であることが推定されます。

会社の目的もアンファー株式会社同様の、

1.オリジナルドクターズ商品の企画・製造・販売

2.化粧品・サプリメントの企画・製造・販売・卸

であることも推定されます。

 

また、主な販売商品が朽木

『薬用スカルプD スカルプシャンプーオイリー』

『薬用スカルプD スカルプシャンプードライ』

『薬用スカルプD スカルプパックコンディショナー』

ということから、薬事法に基づく化粧品製造販売業許可や化粧品製造業許可を

取得する必要があります。

・・・「シャンプー」「コンディショナー」なども、薬事法では「化粧品」に含まれます。

 

 

 

ここだけの話、けっこうどうでもいい情報だったかもしれません。

スポーツの,秋。

2010年10月27日

秋。

というには,風がずいぶん冷たく,朝晩冷え込みますね。

 

10月を「体力強化月間」と定め,いろいろ試してきました。

まず,これまでブログでもご報告してきたとおりウォーキング。

これは週3ペースで続いています♪

 

そして,カーヴィーダンス。

これは本屋でDVD付きのいわゆるダイエットエクササイズです。

テレビで井上和香さんが「楽しくやりながら効果が出た」絶賛されていたのを見て,即購入。

しかし,DVDの封すら開けていません。

あるある。

うん,あるある。

 

そして,そして。

先日スポーツジムデビューを果たしました。

おそるおそる足を踏み入れると

還暦をとうに迎えておられると思われる男性・女性の多いことに驚きました。

特に女性は本当にパワフルで,エアロビクス講座で激しく体を動かしたかと思えば

「プール行こう!プール!」はしゃぎ,

しばらくするとトレーニングルームに戻ってマシンで背筋・胸筋を鍛えておられました。

そんなパワフルでいきいきとした女性達から目が離せませんでした。

 柴田

私はといえば,初心者向けにオススメされた

エアロバイクを20分×3セットを終えた時点で

かなり充実した気持ちになり,

トレーニングを早々に終え,お風呂でまったりしました。

 

足を踏み入れるのに少し勇気を要したスポーツジムですが,

人生の先輩方のいきいきした姿を拝見し

おおいに触発されました。

1  2  3  4  5  6  7
司法書士法人 わかくさ総合事務所サイト
  • 相続・遺言はこちらから
  • 債務整理はこちらから
お電話でのお問い合せ 0120-596-742