ローマ帝国初代皇帝

2010年9月16日

アウグストゥスとはローマ帝国の初代皇帝となった方です。

内乱を勝ち抜き、帝政を創始、「ローマの平和」を実現したことで知られています。

学者エドワード・ギボンも「人類史上最も幸福な時代」と評しその功績とたたえています。

 

また、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスは国家の平安に貢献した兵士の老後を保障し、
世界初の年金制度を作ったとしても有名です。

更にはローマ市の設備を徹底し、防犯・防火際策の充実されるなどして「永遠の都ローマ」というフレーズも
この時代に誕生しました。

 

この時代はまだ紀元前27年から紀元14年までの41年間の出来事でした。

 

紀元2年頃から後継者問題に取り組んだとされており、アウグストゥスは自分の血筋にこだわっていたようです。

アウグストゥスには一人娘のマリアが存在したが、結局アウグストゥスの養子であるティベリウスが
ローマ帝国2代皇帝となりました。

 

後に一人娘のマリアはマルクス・ウィプサニウス・アグリッパとの間に大アグリッピナができ、

またローマ帝国2代皇帝ティベリウスはゲルマニクスを養子にしたとされています。

 

この大アグリッピナとゲルマニクスの子として晴れて「ユリア・ドルシッラ」が誕生したのです。

 

そんなユリア・ドルシッラと私は同じ誕生日(9月16日)。

 

ふっ!朽木

 kutukisan.jpg

1